FC2ブログ

実は凄い選挙の投票用紙

Posted by aishinkakura on 05.2017 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
投票用紙 豆知識です。国内で普及している投票用紙は、一般的な紙ではなく、フィルムの一種です。ポリプロピレン樹脂を主な原料とする合成紙で、「ユポ紙」と呼ばれています。破れにくく水や折り曲げに強い性質から、地図や包装紙、商品ラベルなど幅広く使われているものです。
 選挙関連用品などを手がける「ムサシ」と、合成紙メーカー「ユポ・コーポレーション」が共同開発し、1989年に発売されました。まず、地方選挙で使われ始めたそうです。その後、国政選挙でも採用されるようになり、2012年の衆院選からは全都道府県でこの投票用紙になったといいます。
 最大の特徴は、「折り畳んでも自然に開くこと」です。有権者は、候補者名などが見えないように用紙を折って投票することが多いです。開票では紙を開く作業が必要となるため、その手間を省こうというのが開発の目的でした。ムサシは「開票作業時間が短くなれば人件費もカットでき、経済的なメリットは大きい」と話しています。
 ただ、そのままではツルツルのために鉛筆で文字が書けず、計数機を通すにも支障をきたます。課題をクリアする表面の加工法を確立するのに約9年。ユポ社は詳細を「企業秘密」としていますが、「投票用紙は他のユポ紙より鉛筆でより濃く書ける。最高クラスの筆記性です」と太鼓判を押しています。
 ただの投票用紙ではないのですね。そうと知っていれば沢山書き込んでおくべきでした。私は入れたい人も党もなかったので白紙投票でした。(棄権ではありませんよ)
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授おはようございますヾ(●´∇`●)ノ
ユポ紙?初めて聞きました。
私は結婚する前はダンボール製造の会社にいて、取引先は結構有名な製紙業の所がありましたけど…
紙は本当に色々ありますね。
私は絵を描いてたからキャンソン紙とかケント紙とか使いましたね。
でも、もう度忘れしちゃったなァ…。

紙も今は凄いですけど、ボールペンとか筆記具も凄いですよね。
ボールペンが消せる時代が来るなんて思って無かった(笑)
2017.11.05 05:18 | URL | 上原キョウ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

学生時代紙屋さんの工場でバイトしたことがあります。
紙って軽いものの代表みたいに言われていますがまとまっていると
重いのですよね。しかもうかつに触ると手を切ってしまうし。
今回の衆議院議員選挙で投票所の仕事をしましたので用紙をまじまじ
と確認してしまいました。「こいつが優れものなんだあ」なんて。
(^_^)

愛新覚羅
2017.11.05 08:13 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは 愛新覚羅さま

「折り畳んでも自然に開くこと」

 これは 知ってました、開票の際に 開かないので 時間が掛かる、
 
 とか 聞いてました、 

 白紙? 娘は 選べないから 動物の名を書いたとか?

 たぬき いぬ ? 

 イヤな人を 篩いに かける ための 選挙だったのでしょうか? 

 今朝 小泉純一郎氏を TVで 観て びっくりしました、 

 DeNA  残念でしたね! 

 いつもありがとうございます  たか
2017.11.05 15:55 | URL | たか #- [edit]
わ、すごい纸だったんですね
まさに纸業ですね(笑)
先日再販された広辞苑もページ数が増えているにも関わらず
本の全体の厚さは変わらないらしいですね
ほんと、人間って素晴らしいです。
2017.11.05 16:48 | URL | かのぼん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

折りたたみ禁止でそのまま投票すれば良さそうなものですが
人間の心理として覗かれそうで折ってしまうのでしょうね。
動物の名前があったら開票する人は驚くでしょうね(笑)
はい。ベイスターズは残念でした。

愛新覚羅
2017.11.05 18:38 | URL | お名前 #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

神(紙)わざですか。うまい。座布団1枚。
(京都でも笑点はやっていますよね。)
紙を薄くしていくとページを開きにくくなるのですが
その辺も技術でカバーしているのでしょうね。

愛新覚羅
2017.11.05 18:42 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1983-320dbf44