ガン患者に朗報

Posted by aishinkakura on 28.2017 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
光免疫 光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内でも年内開始を目指して準備されていることがわかりました。開発した米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が11日、朝日新聞の取材に答えたものです。手術や抗がん剤で治らないがん患者の治癒につながる治療法の実用化への第一歩と期待を集めています。
 この治療法は「光免疫療法」。近赤外光を当てると反応する化学物質と、特定のがん細胞に結びつく性質があるたんぱく質(抗体)を結合させた薬を注射すると、抗体はがん細胞と結びつきます。近赤外光を当てると、化学物質が反応してがん細胞を破壊し、これをきっかけに免疫細胞が活性化するといいます。近赤外光はテレビのリモコンなどに使われ、人体に当たっても害がありません。
 米国では2015年から、NIHと契約を結んだベンチャー企業「アスピリアン・セラピューティクス」が最初の治験を実施。手術や放射線、抗がん剤で治らなかった頭頸部がんの患者8人のうち、3人はがんがなくなり、治療後1年以上生存しているということです。5人は治療後に亡くなりましたが、うち4人はがんが縮小していたそうです。重い副作用はなかったそうです。
 日本では、米国で治験を実施する企業の日本法人が頭頸部がんの患者を対象に、年内の治験開始を目指しているとのことです。がんの治療といえば手術、抗がん剤、放射線の3つでしたが新たに光免疫療法というのが加わったわけですね。まだ実用化は少し先のことだと思いますが選択肢が増えるのはガン患者にとってありがたいことです。
元記事:朝日新聞デジタル
スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授おはようございますヾ(●´∇`●)ノ
実用化早くされると良いですね。
負担は少ない感じですが、問題は費用ですかね?
癌は他人事では無いので…
医療の進歩って凄いな…
2017.11.28 07:55 | URL | 上原キョウ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

遠赤外線というのはコタツや調理熱源に使われていますので
馴染み深いのですがリモコンなどの赤外線は近赤外線だった
のですね。Bluetoothが一般的になる前は赤外線が無線通信
手段でした。
重いがん患者は手術、放射線、抗がん剤とやってきて
他に手がなくなってしまうと死と向き合うこととなってしまいます。
他に手があるということだけでも希望が出てきます。
テレビのリモコンにも使われているくらいの技術なら安いのでは
ないでしょうか。(?_?)

愛新覚羅
2017.11.28 08:10 | URL | aishinkakura #- [edit]
世の中はドンドン進んでいるようですから、長生きしていれば助かる病気が増えるでしょうね。嬉しい事です。こんなネタもありますから、喜びましょう。
https://taishu.jp/detail/30464/

一方、名古屋の病院では心臓手術で用いたワイヤーを残置してしまったが為に患者死亡とのこと。技術は進んでもヒューマンがついて行けないのは情けないですね
2017.11.28 13:52 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
新たな治療方法を研究、そして成果をあげてくださる方がいらっしゃること、ありがたいと思います。患者さんのため、早く実用化されるといいですね。
2017.11.28 14:06 | URL | きたあかり #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

抗がん剤も副作用が少なく効果の高いものが順次開発されているの
ですね。癌はもはや身近な病気ですから癌にかかったくらいで絶望
していられませんね。

愛新覚羅
2017.11.28 14:42 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

こういう研究は情報が出てから実用化されるまでが長いのですよね。
それを待っている間に命を落としてしまう方も多いのだと思います。
なんとか素早く実用化してもらいたいものです。

愛新覚羅
2017.11.28 14:44 | URL | aishinkakura #- [edit]
明るい話題ですね^^
早く実用化してほしいです。
ガンで苦しんでいる知人も少なくありません。
2017.11.28 18:23 | URL | 冷凍SANMA #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

この話ではありませんが先日地区の社会福祉協議会で同じマンション
の人と話す機会がありました。その方はC型肝炎でやはりハーボニー
で完治したそうです。すごい薬ですね。

愛新覚羅
2017.11.28 19:15 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

この数年でガンの治療には目覚ましい進歩がありますね。
しかしながらこのような報道を目にするたびに
遅すぎるよ!と言う思いが先行してしまうようになりました。

やはり心が疲れているようです(笑)
2017.11.29 01:49 | URL | 孝ちゃんのパパ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

そうですよね。もっと早ければと思いますよね。
家内の場合はまだ治療法がありません。現在でも駄目だったでしょう。
そう思うと悔しさはありません。いやな気持ちですが。

愛新覚羅
2017.11.29 07:38 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは 愛新覚羅さま 

進歩しても 人が付いて行けない!のでしょうね、 

手術が 上手い!とか 言いますが それは ありでしょうね、 

私の 肺も 手術まで 何年か 時を過ごしました、
 
年齢考慮で 待てないと 言われて 父が 亡くなった後でした、

父も 食道ガンでしたが もっと 早くに 検査へ行けば
もう少しは 長生きしたと 思います、 


全部 後の祭り です、 

奥さまの事は ただただ 可哀想で なりません、 

いつもありがとうございます、 たか
2017.11.30 20:10 | URL | たか #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

手術は手先ですからやはり上手い下手は出ますね。
理論が立派でも手術が下手な先生はいくらでもいます。
患者が求めているのは理論よりも実践です。
病気は早期に発見するに限ります。

愛新覚羅
2017.11.30 20:38 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2005-9a6d6822