FC2ブログ

がん標準治療率、平均72% 13年調査、4ポイント増

Posted by aishinkakura on 16.2017 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
標準治療率
注)今回のグラフはまだありません。上のブラフは古いものです。

 国立がん研究センターは11月29日、全国の病院でがんの標準治療を受けた患者は平均72%だったと発表しました。標準治療は、科学的な根拠に基づく現時点で最良とされる治療。2013年にがんと診断された約45万人のうち、胃がんや肺がんなど9項目の治療・検査を調べました。同様の調査結果が初めて公表された12年分と比べて4ポイント増えています。
 調査には全国のがん診療連携拠点病院など297施設が協力しています。がんの種類やステージなどを集めたがん登録と、その患者が受けた治療や検査のデータをもとに分析した結果です。拠点病院の参加率は68%(前回55%)でした。
 最も高かったのは肝臓がんの手術前検査で92・3%。最も低かったのは乳房の切除手術後に再発リスクが高い患者が受ける放射線療法の36・9%。いずれも前回調査の最高と最低と同じでした。国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍(しゅよう)内科の向井博文医長は、放射線療法の実施率の低さについて「施設ごとに病理検査の手法が違い、再発の危険性が高い患者でも放射線療法を不要と考える医師がいるためではないか」と話しています。
 この調査では、ほかの病院に移った患者の経過を把握できない点が課題です。向井さんは、乳がんの放射線療法について「ほかの病院での治療を考慮した別の統計を使った調査では、約60%の実施率のものもある」といいます。そのほか、患者側が治療を希望しない、別の病気があるといった理由から標準治療に至らないケースがあります。これらを踏まえて補正すると、実施率は9項目中6項目で推計90%を超えています。
 標準治療というから並の治療であって上の治療すなわち先進治療が他にあるのかと思いましたが違うのですね。標準治療が最良の治療ということです。それを受けていない患者もいるということですね。
元記事:朝日新聞デジタル

 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

がんの標準治療……。
繁々と見つめてしまいました。

「肝臓がんの手術前検査で92・3%」に目が(・。・)
ウイルスが消えたとは言え、肝臓がんのリスク持ちの私としてはブルッと。
2017.12.17 11:26 | URL | 冷凍SANMA #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

この数字は見方が難しいですね。その前に標準治療という言葉が
紛らわしいです。意味は考えられる最良の治療ということなのですね。
問題にされている肝臓がんの手術前92.3%というのは7.7%が
最良治療を受けなかったということでがんの部位からみた場合は非常に
良い数字ということなのでしょう。ブルッとこなくて大丈夫です。

愛新覚羅
2017.12.17 12:55 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2023-d55e5138