FC2ブログ

びわの種には毒がある

Posted by aishinkakura on 26.2017 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
ビワ 「ビワなどの未熟な果実や種子には、天然の有害物質が含まれています」。農林水産省が2017年12月6日、ウェブサイトでこう注意喚起しました。「ビワの種ががんに効く」という根拠のないうわさが出回り、種を粉末にした食品が出ているためです。
 こうした食品は複数、回収されています。しかしインターネット上では、「体にいいビワの種」とうたったメニューが紹介されており、注意が必要です。
 農水省によると、ビワのほかアンズやウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)といったバラ科植物の未熟な果実や種には、「アミグダリン」「プルナシン」という青酸を含む有害物質が多く含まれています。これら物質は総称して「シアン化合物」と呼ばれています。熟した果実には、わずかしか含まれないので心配はありません。
 ところが、アミグダリンが「ビタミンの一種」「ビタミンB17」と称した例や、「がんに効果がある」とうたう情報が、書籍やネット上で見られると指摘しています。実際はアミグダリンをビタミンとする説は既に否定されており、その有効性に関する十分な科学的根拠はありません。むしろ健康被害が懸念され、海外ではアミグダリンを含むアンズの種を大量に食べた末に死亡した例が報告されています。
 農水省が特に注意を促しているのは、種を粉末状に加工した食品です。「シアン化合物を一度に大量に食べてしまう可能性が高まります」と説明しています。サイト上にある「関連リンク」をクリックすると、消費者庁リコール情報サイトで公表されている、回収や返金対象となったビワの種の粉末食品が閲覧できます。実際に行政や自主検査でシアン化合物が検出された製品で、健康被害が出る恐れがあるといいます。
 農水省は、レシピサイトに掲載されているビワの種を使った料理にも警鐘を鳴らしています。大手サイト「クックパッド」には、注意喚起が出た12月6日時点ではまだ、ビワの種の粉を使った杏仁豆腐のレシピが複数紹介されていましたが、8日には削除されています。
元記事:J-Cast.com






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

枇杷の葉茶や湿布は 民間療法があるので 種も何となく利用出来そうな気がしてしまいます。

未成熟な実は気を付けなくちゃならないですね。
良い情報ありがとうございます。
2017.12.27 20:56 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

なんとなく身体に良さそうというのが曲者ですね。
そういうものを使って癌に効くとかいかがわしいものが
出てきます。

愛新覚羅
2017.12.27 20:59 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2033-f3fdc3d4