FC2ブログ

犬が猫に抜かれた件(ペット数)

Posted by aishinkakura on 12.2018 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
飼育数 3年連続で犬の飼育数が減り続けとうとう猫に抜かれたということは何かのニュースで耳にしていることだと思います。
ペットフード協会の石山恒会長は「この減り方は尋常ではない」と話しています。
 協会によると、過去8年間で犬の飼育頭数は300万匹(24%)減少したと分析。減少傾向を食い止めるには、1歳未満の子犬が7%以上を占める必要があると協会はみていますが、今年の結果では2・9%に過ぎません。
 協会が注目するのは、50代の飼育率の低下です。5年前は2割が犬を飼っていましたが、今年は4・6%減の15・4%で、全年代の中で最も減り幅が大きくなっています。犬の平均寿命が14.19歳まで伸びている中で、高齢になり飼育が難しくなった時への対応から二の足を踏むケースもあるとみられています。ペットフードの業界団体としては、飼育数の減少は売り上げに直結するだけに、「どうしたら増えるか協議しているが決定打はない」といいます。犬と暮らすことが健康改善につながるといった海外の研究を引き合いに、アピールしていきたいと言っています。
 実際そうだと思います。私も4年前に愛犬を亡くしましたがもう飼うことが出来ません。その時点で64歳ですから仔犬を飼って15歳になったら私は79歳です。日々の散歩も苦痛になっているのではないかと思います。それにそこまで私が生きるという保証もありません。そうなったら犬がかわいそうです。逆に犬が先に死ぬのも嫌です。もうあの悲しみは味わいたくありません。そう考えたら飼うことが出来ませんでした。せめて子供がいれば後を頼むことも出来ると思うのですが。
元記事:朝日新聞
注)ペットを飼っている人としては犬を飼っている人の方が多いそうです。つまり猫は多頭飼いしている人が多いということですね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そうですね。
健康のためにも、ワンちゃんと暮らしたいです。
でもやはり亡くしたときのことを想うと、飼う勇気がもてません。
年齢のことも勿論あるけれど。
2018.01.12 17:23 | URL | 冷凍SANMA #- [edit]
ワンコを飼うと、散歩など必要で健康に良いし、大切な家族が増えて充実した癒しの時間が得られるのはわかります。でも、自分は飼えません。教授のおっしゃるとおり、自分に何かあったときのワンコの運命など考えると、責任が重いと思うのです。
飼育数が少なくなってきたのは、そう思う人が多くなってきたのかなあ。
2018.01.12 17:35 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

寂しいことですが犬を飼うのでしたら50代まででしょうね。
忠犬ハチ公の最後の姿を思い出すと哀れですし、逆も勿論嫌です。

愛新覚羅
2018.01.12 19:18 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

きたあかり様のおっしゃる通りだと思います。
小家族化と高齢化が影響していると思います。
若い家族は何の心配もなく飼うことが出来ていいですね。
つくづくそう思います。
アイボという選択肢もあるとは思いますが、やはり血が
通っていて体温が暖かくないと愛せません。

愛新覚羅
2018.01.12 19:22 | URL | aishinkakura #- [edit]
ペット産業としては 犬、猫共に飼育頭数が増えると企業としては良いのでしょう。

反面 流行で飼って飼育放棄で捨ててしまう人もいるから 安易に飼うこともしないで欲しいな。

50代になれば ペットと自分の年齢を考えてしまいますよねー。

2018.01.13 13:27 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

猫が犬を逆転したのには孝ちゃんのパパ様とかおこちゃん様
とかも貢献しているのでしょうね。
そうなのです。飼うのはいいのですが途中で投げ出してしまう
人もいますね。愛情が移ると思いますのに信じられません。

愛新覚羅
2018.01.13 14:12 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2052-072cdfb2