FC2ブログ

庶民には関係ない話

Posted by aishinkakura on 11.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
ホンダジェット ホンダの小型ジェット機「ホンダジェット」の2017年の出荷数が前年比20機増の43機で、小型ジェット機(重量5・7トン以下)部門で、米セスナの主力機を抜いて初めて世界一になりました。18年に入っても受注は順調で、生産スピードを上げ、さらに出荷数を伸ばす計画です。
 全米航空機製造者協会が2月22日に発表した集計で明らかになっています。小型機部門の機種別で、ホンダジェットはセスナ「サイテーションM2」の39機を上回りました。
 ホンダジェットは最大7人乗りで、価格は490万ドル(約5億2400万円)。エンジンが主翼上部につくのが特徴で、空気抵抗が少ないことによる燃費の良さや、静かで広々とした室内空間が人気となっています。小型機は、富裕層や企業などが主に都市間の移動手段として使っており、近年は需要が伸びています。
 ホンダは17年は主力の北米市場に加え、欧州でも出荷数を伸ばしました。昨年には中国や東南アジアでも事業を始めるなど、アジアでの販売にも力を入れています。
 2月上旬には、欧州や北アフリカの飛行場を行き来する「エアタクシー」を運営するフランスの企業から16機を受注しました。米ノースカロライナ州にある生産工場の習熟度向上により生産スピードが上がっており、今年は月産4機から5機にする計画。18年度は、50機以上の出荷を予定しています。
 ホンダジェット計画は、創業者の本田宗一郎氏による1962年の構想が発端です。ただ、86年に機体やエンジンの研究に着手しましたが、計画は何度も中断。1号機の引き渡しは約30年後の2015年末でした。
 出荷数で世界一になったとはいえ、事業自体は赤字基調で、今後はいかに早く黒字化し、収益源にできるかが課題となります。ホンダ幹部は「黒字化はまだ先だが、ブランド力の向上に貢献している」と話しています。
 F-1では勝てなくなって惨めな思いをしていますが意外なところで花がひらいているのですね。ということはジェット飛行機はF-1よりも技術力が低いということになりますね。それにしても庶民には関係のない話です。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

たしかに、小型ジェットは縁のない話ですね
ただ、かって技術立国と言われた日本の凋落傾向の中
少し、嬉しい話ではあります(^_^)v
2018.03.11 08:57 | URL | 植本多寿美 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

大富豪はともかく企業でも使っているところがあるのですね。
恐らく日本ではないでしょう。日本の場合は新幹線の方が便利
ですから。
ジェット機よりもF-1の方が難しいというのは驚きです。
多分ジェット機はライバル会社が少ないのでしょうね。
対してF-1は1戦ごとに技術革新していきますからレベルが
ひらきやすいのでしょう。

愛新覚羅
2018.03.11 11:05 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは 愛新覚羅さま 

 夫が亡くなり 法事などで 田舎へは 良く 帰っていました、
 子も 行かない!となり 私だけになりました、

 お金も 往復で当時は 7万ほど 掛かってました、 

 手術後は ぜんぜん 帰っていません、 
 飛行機に乗る 元気が ありません、

 阿蘇熊本空港から 天草へ ↑記事のような 小型飛行機が 飛んでいます、 

 地震後 空港の近くは 仮設住宅が 建てられました! 

 いつもありがとうございます、 たか 
2018.03.12 16:17 | URL |  たか です! #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

仕事で一度だけ小型機をチャーターしたことがあります。
オーストラリアの田舎町に行くにはそれしかなかったのです。
勿論プロペラ機のセスナです。低空を飛ぶので景色が良かったです。
飛行機に乗るにも体力が要りますよね。

愛新覚羅
2018.03.12 19:11 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2110-01f5b7e4