FC2ブログ

エイズに関する誤解と認識不足

Posted by aishinkakura on 04.2018 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
aids.jpg 「エイズは死に至る病」と誤解している人が半数以上いることが、内閣府が3月2日に発表した世論調査でわかりました。HIV(エイズウイルス)に感染しても、適切な治療法が今はあります。今回正しい認識が広まっていない実態が浮き彫りになりました。エイズに関する世論調査は2000年以来とのことです。
 調査は今年1月、18歳以上の日本国籍の3千人に調査依頼しました。1671人(55・7%)から対面で有効回答を得ています。
 エイズの印象を複数回答で尋ねると、「死に至る病」が52・1%と最多。「原因不明で治療法がない」33・6%、「特定の人たちにだけ関係のある病気」19・9%と、いずれも誤った認識が続いています。正しい項目「不治の特別な病と思わない」を選んだのは15・7%でした。
 治療に関する質問では、いずれも正答の「治療で他人に感染させる危険性を減らせる」33・3%、「適切な治療をすれば感染していない人とほぼ同じ寿命を生きることができる」26・5%。感染原因については、「無防備な性行為」85・3%、「注射器の回し打ち」73・6%と正しい理解が広まっている一方、4人に1人が誤りの「蚊の媒介」を選んでいました。
 HIV検査は全国の保健所で匿名・無料で受けられますが、そのことを知っているのも5割にとどまったとのことです。
 でも有名人でエイズで亡くなった方が多いのも事実です。私の大好きなクイーンのフレディー・マーキュリーもそうでした。当時は確かに死に至る治療法の無い病気と言われていたと思います。
元記事:朝日新聞デジタル

 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

私も、最近まで、エイズは死に至る病と思っていました
医学の進歩は凄いです、ついていかないといけませんね。
2018.04.04 18:42 | URL | 植本多寿美 #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

相変わらず命を落としているのはアフリカが多いようです。
やはり貧困と関連があるのでしょうね。治療を受けられない
のでしょう。

愛新覚羅
2018.04.04 19:10 | URL | aishinkakura #- [edit]
「エイズは死に至る病」と誤解、私もその通りです。昔は、「死に至る病気」と報道されていた気がします。今は医学が進歩したのですね。ありがたいことと思います。アタシがエイズというわけではないのですが( `ー´)ノ
2018.04.04 19:10 | URL | きたあかり #- [edit]
私はドタキャンした眼の手術の際、手術する予定だったのでHIVの検査を受けました。
眼の手術なのになぜ....と思い質問しましたら「私がHIV感染していた場合、手術中に誤って医師や看護婦に感染する可能性」がある為とのことでした。
なるほどと合点しましたが...「役立たずの爺が」とも思うのですが、必ずしも性行為で伝染るわけではないから仕方がないですね。
とは言うものの、最近の若者には梅毒が流行っているとのことですから、やはりコンドームは神様ということらしいですよ
2018.04.04 19:22 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

変な話ですが一時エイズ死にあこがれた時期があります。
癌とか心臓病より何か哲学的な気がします。
私だけかも知れませんが。

愛新覚羅
2018.04.04 19:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうですね。やはり楽観的な人種ほどエイズにかかりやすい
のでしょうね。もうどうでもいいと思ってしまうのでしょう。

愛新覚羅
2018.04.04 19:32 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2119-4e1fab7d