FC2ブログ

農業の大発明(ホウキング)

Posted by aishinkakura on 17.2018 お気に入り 6 comments 0 trackback


 野菜の上を熊手でかくと雑草だけがポイッと抜ける--。除草農機具「ホウキング」が評判を広げています。福岡県で40年近く有機農業を続ける古野隆雄さん(67)が開発したもので、それまで100メートルの除草に2時間かかっていたところが、ホウキングなら1分で完了するといいます。
 ホウキングは、数本の金属製の熊手を、それぞれの先端の針金部分が重ならないようにして固定するという、いたってシンプルな構造です。除草効果を上げるため熊手は3本以上にするのが望ましいといいます。ホームセンターなどで買った熊手で簡単に作れ、費用も約5000円以下で済むとのことです。
 このホウキングで畑の畝をかいていくと、土に突き刺さった熊手の先端が、雑草の根を引っかけて抜き取っていきます。作物の上を通過しても抜けるのは雑草だけで、作物はびくともしません。
 除草の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップしたところ、国内外から問い合わせが相次いでいるといいます。まさに「百聞は一見にしかず」ですね。
 それにしても、なぜ雑草だけが抜けるのでしょうか。
 雑草を抜いた時のことを思い出して下さい。地表のすぐ下から根が生えてたはずです。一方、野菜などの作物は種付けや植え付けをするため、土壌表面の2~3センチ下から根を張っています。古野さんは、この作物と雑草の根の張り方の違いを、除草の仕組みに活用しました。
 ホウキングは、その重みや構造から、自然と土の表面から深さ1センチのところをすいていくので、根を深くはる作物はそのまま残るというわけです。
 ホウキングの除草のカギがもう一つあります。熊手先端の針金部分の「揺動」です。
 熊手の先端を地面に突き刺すと、地面の方向に力が働く一方、反発力で元に戻ろうとする力も働きます。また地面をかくと土の抵抗で左右にも振れます。こうして先端が上下左右に揺れ動くことで、幅広く雑草の根をからめとることができるわけです。先端部分を柄に対して斜めに付けることで、先端の針金一本一本すべてが左右に大きく揺れるようになったといいます。
 加えてホウキングは熊手を複数本束ねる「多重構造」です。例えば、先端の針金部分の間隔が6センチの熊手を4本使った場合、それぞれの先端の間隔を補うように4本の熊手を重ねれば、最終的に一つの間隔は1.5センチになる。このわずか1.5センチの間を針金が左右に振動することによって、隙間なく雑草を除去できます。
 最近、古野さんは気付いたことがあるそうです。それはホウキングが畑の状態をよくしているということです。ホウキングが除草のたびに畑の土をすくことで、土壌に空気が入り、柔らかな土になっているといいます。
 「今後、大規模農場ではホウキング機械化が求められるでしょう」と古野さん。農機具メーカーとともに、ホウキングの機械化にも取り組みますが、一方で手作りにもこだわります。「誰でも作れるし、買うだけだと、アイデアは生まれてこないから」と、その理由を語っているそうです。
 なるほど大発明ですね。特許のことは情報がありませんでしたがどうなっているのでしょうか。手づくりなら誰でも出来てしまいそうですが。
元記事:毎日ニュース
 




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ホウキングのネーミングが気に入りました。
ホーキング博士は居なくなっちゃったけど。

機械や薬品に頼らないところがいいですね。
2018.04.17 09:29 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

多分、ほうきとホーキング博士と両方にかけた
ネーミングなんでしょうね。これ一般の住宅の庭でも
使えるのでしょうか?地面の硬いところは無理かも
知れませんね。

愛新覚羅
2018.04.17 09:56 | URL | aishinkakura #- [edit]
すごい発明ですね!素晴らしい。
雑草は、根の深さが浅い、とは、農家さんの畑はそうなのですね!我が家の庭の雑草は、すぐに地中深くまで根を張ってしまいます。小さいうちにマメに抜くのが雑草駆除のコツと思っていました。( `ー´)ノ
2018.04.17 18:53 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

私はせいぜいお墓の雑草取りをしている程度ですがそれでも
耕したところでないとこれは機能しないと解かります。
硬い地面ではフォークも刺さらないと思います。
またスギナのように強固に根がはる雑草もあります。
これはあくまでも普段良く手入れをしている畑用と思った
方がよさそうです。

愛新覚羅
2018.04.17 19:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
これは驚きました。
こういうのをアイディアというのでしょう。
地域に密着したアイディアです。
簡単で安価で要領いい。
車輪をつけての機械化もできそうです。
ネギは傷がついて危ういだろうと思っていましたが、
ちゃんとネギでもやってますね。
感心しました。
2018.04.18 08:09 | URL | ☆バーソ☆ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

熊手の間隔とか角度については相当試行錯誤していると思います。
作物を痛めてしまっては売り物になりませんから一番留意する点
でしょうね。

愛新覚羅
2018.04.18 08:15 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2147-70704e8f