FC2ブログ

『死刑廃止国では現場で犯人を射殺している』?

Posted by aishinkakura on 03.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
死刑と射殺比較 先日旧オウム真理教の麻原彰晃及び幹部の面々の死刑が執行されました。ところで先進国では死刑を廃止している国が多いと言うことです。ところが内容を見ていくと意外な事実が浮かびあがってきました。逮捕する時にすでに射殺してしまっているというのです。表はあるサイトに載っていたものでどのくらいの信憑性があるのか分かりませんが考えさせられる数字です。冤罪や誤射もあるかも知れませんが、裁判費用や獄中費用を考えれば合理的なのかも知れませんね。でも容疑者として捕まった場合は無期懲役が多くなるわけだから逆か?う〜ん、難しい。








ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ドイツのことを知りませんので、なんとも見当違いな意見かもしれませんが、素朴な気持としては・・・両国の犯罪の発生数も含めて考えないとなんとも言えないのでは???そして、日本の射殺件数も入れないと・・。何か意味があるのかな?

獄中費用については、アタシも考えてしまいます。死刑と決まった人を長く税金で食べさせるのは不思議です。いつ死刑執行となるのかびくびくさせるのが、そもそも罰なのかしら。

教授、アタシも一緒の思いです。難しい!( `ー´)ノ
2018.08.03 11:26 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

おっしゃるとおりで犯罪数がどのくらいなのかわからないと
比較ができませんね。いつ執行かでビクビクさせるのは残酷
ですから目的ではないでしょう。ただ責任をとりたくないので
慎重に慎重を期しているのだと思います。
そうです。税金で無駄飯を食わせているだけです。

愛新覚羅
2018.08.03 19:14 | URL | aishinkakura #- [edit]
私も同様の記事を読んだことがあります。
その記事は公式の発表を基にして書いてあったと思います。
日本では警官による射殺は滅多にないのじゃないでしょうか。
威嚇で発砲しただけでニュースになるぐらいですし。

欧米では、犯人が銃を撃ったら大抵、警官が銃を撃ち返します。
犯人がポケットから手を出さないだけで射殺されたこともあります。
だから欧米のほうが日本より命を大事にしているとは言えません。

アメリカでは、ハロウィンの日に、日本人の子供が
近隣の住宅に入っただけで住人に射殺された事件がありました。
日本では、ヤクザがやたらに発砲して警官が死んだときにも
警察がマイクで優しい言葉遣いで犯人を諭した事件がありました。

死刑制度に反対する人は「人間愛ゆえだ」と言いますがが、
実際に(自分や)自分の愛する子供や家族が面白半分に殺されても、
それも極悪非道な仕方で、散々いたぶられて無惨に殺されても、
やはり愛が大事だと言うのだろうかといつも思います。
2018.08.04 07:36 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

欧米人(特にアメリカ人)との考え方の違いでしょうね。
西部劇で見るように正当防衛を重視しているみたいです。
彼らは日本人が鯨やイルカを食べることを非難しますが
欧米人は牛や豚を殺して食べることになにも抵抗がない
ようです。
私も日本人ですが魚や海老の踊り食いは残酷だと思います。
これは海外から非難されても仕方ないでしょう。

愛新覚羅
2018.08.04 07:49 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2255-1278d1c2