FC2ブログ

バーバリー 売れ残り商品42億円分を焼却

Posted by aishinkakura on 09.2018 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
バーバリー イギリスの有名ブランド、バーバリーが、40億円以上に相当する売れ残った商品を焼却処分していたことがわかりました。こうした処分はブランド価値を守るためにファッション業界ではよく行われているとみられ、資源を顧みない姿勢だとして批判の声があがっています。
イギリスの複数のメディアによりますと、バーバリーは去年、売れ残った衣料品やアクセサリー、香水など、金額にして2860万ポンド(およそ42億円)に相当する商品を燃やして処分していたということです。さらに、過去5年間に売れ残って処分された商品の総額は130億円を超えるとしています。
こうした処分は、商品が安く売られるなどしてブランド価値が下がることを防ぐためにファッション業界ではよく行われているとみられていて、インターネット上では「貧しくて服を買うこともできない人がいるのに、信じられないことだ」などと批判の声があがっています。国際的な環境保護団体「グリーンピース」も「バーバリーは自社の商品や資源を全く尊重していない。新品の商品を燃やすのはファッション業界の汚れた秘密で、今回の件は氷山の一角にすぎない」と指摘しています。
 確かにもったいないということはあると思います。しかし企業とすると何が大事かということですね。高級路線を持っている企業はそれが無くなったら一大事です。社命がかかっているとも言えます。よく引き合いに出てくるのがコンビニの弁当廃棄ですね。まだ十分食べられるのに安全圏を見た賞味期限で廃棄されています。これも社命がかかっています。もし食中毒でも起こしたら一大事です。共通しているのは適正在庫管理でしょうね。
元記事:NHKニュース





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2261-57d04f85