FC2ブログ

続、東京医科大の女子減点問題

Posted by aishinkakura on 11.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
続東京医科大問題 東京医科大学の女子減点問題について、女性医師向けのウェブマガジンを発行している企業がネット上でアンケートを行い、103人から回答を得ました。このなかで、大学の対応について、意見を聞いたところ「理解できる」(18.4%)と「ある程度理解できる」(46.6%)を合わせた回答は65%に上りました。
 その理由を聞くと「納得はしないが理解はできる」とか「女子減点は不当だが、男性医師がいないと現場は回らない」といった意見、さらに「休日、深夜まで診療し、流産を繰り返した。周囲の理解や協力が得られず、もう無理だと感じている」など大学の対応がおかしいと感じながら厳しい医療現場の現状から、やむをえないと考える女性医師が多いことがわかりました。
 これについて、産婦人科医で、日本女性医療者連合の対馬ルリ子理事は「医療現場はそんなものだという諦めが強い。医師は24時間人生をささげなくてはいけないと信じられてきたので、少しでも戦力から離脱するとキャリアを諦める医師が多かった。働き方の工夫で男女問わず早く帰れるようにすることは可能だ。今回の事をきっかけに、医療現場を変えなければならない」と話しています。
 先日西川史子氏の意見を元に記事を書きましたが西川氏はタレントでもあるので多少受け狙いのところがあるのではないかと思っていました。ところが過半数の女医さんが同じような意見を持っているのですね。医療の現場は深刻なようです。
元記事:NHKニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

単なる女性医師の差別ではなく、
医師の労働環境が過酷さが原因であり、問題だということですか。
そうすると昨今スポーツの世界でいろいろ問題が起きて、
その結果、組織の体制そのものが見直されてきているようですが、
同じく医師の労働環境も見直す時期が来たと言えそうです。

> 医師は24時間人生をささげなくてはいけない
大手の病院は勤務時間がきちんと決まっているのでしょうが、
民間の個人医師は、深夜でも患者から救急の電話が
掛かってきたりする場合があるのでしょうかね。
2018.08.12 07:46 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

そうですね。女性差別の問題ではなく女性医師の分野の偏りが
問題なのですね。女性には過酷な環境だということもあるようです。
私が良く入院している国立がん研究センター病院も大手ですが
医師はかなり長時間労働しているようです。勤務時間前と退社時間後
に病室の患者を見回りに来ます。私はねぎらいの言葉をかけていました。
すると医師はかなり喜んでいました。労力が認められることがないの
でしょうね。

愛新覚羅
2018.08.12 07:56 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2278-5ff736ad