FC2ブログ

この時代にあえて白熱電球生産

Posted by aishinkakura on 23.2018 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
白熱電球 白熱灯や蛍光灯から省エネ性能の高いLED(発光ダイオード)への切り替えが進む中、白熱電球を作り続ける企業が新潟市にあるそうです。LEDに置き換えにくい特殊な用途に特化し、生き残りを図っているとのことです。
 新潟市秋葉区にある電球製造会社「藤原電気」(本社・同市南区)の工場。2人の社員がピンセット状の工具で、髪の毛のように細い針金を折り曲げたり結んだりして、ジャングルジムのような形に組み立てていました。「継線」と呼ばれる、特殊用途の電球に使うフィラメントを組み立てる工程です。
 複雑な形状のフィラメントは、発電機タービンのメーターや電子レンジの庫内など、特殊な用途の電球に使われています。導線の荷重を分散させることで、激しい振動にも耐えられるといいます。藤原憲一社長は「手作業で複雑なフィラメントをつくるノウハウを持っているのは、全国でも数社しかない」と話しています。
 終戦後の1945年12月に父親が創業。天然ガスがわき出るこの地域は戦後、家内工業が栄えました。最盛期の60年代には、大手の家電メーカー向けに電球をつくる事業所が300社以上あったといいます。「おやじの時代には、競馬で何十万円もすったという社長があちこちにいた」(藤原社長談)
 2011年の東日本大震災で省エネ意識が高まると、LEDは急速に普及しました。東芝やパナソニックといった大手も白熱電球から撤退しました。経済産業省によると、17年の白熱電球の生産量は約5億5700万個で、20年前(約22億8千万個)の約4分の1に減っているそうです。
 ただ、藤原社長はこれを好機とみています。高齢化で廃業が相次ぎ、県内で電球を製造しているメーカーは5、6社ほど。同社の生産量もピーク時の約3分の1に減りましたが、近年は廃業した他社の受注を引き受けるなどして、横ばいを保っているといいます。
 今後は、シャンデリアや美術館の照明向けに、ガラス部分を着色したり、形状を工夫したりした製品にも力を入れる考えだそうです。藤原社長は「特殊用途は需要が少ないため、大手には手を出しづらい。他社がやめても、需要がある限り作り続けたい」と話しているとのことです。
 なるほど需要が少なくなっても供給がそれ以上に少なくなればバランスはとれているのですね。アナログのレコードやレコード針がなくならないのと同じ理屈ですね。
元記事:朝日新聞



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

 愛新覚羅さま  

 我が家は 電球は 出た頃 全部 LED にしました、

 先日 熱いからと LDKの灯りをを LEDに しました、

 壊れたのでは ありませんが 何となく 電気代も 減ったようです、 

 インバーター式でしたが 熱くて ~~~ 不評でしT、

 お母さん 心配ですね、  たか
2018.09.23 11:20 | URL | たか #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

我が家はいまだにLEDとなっておりません。
なかなか踏ん切りがつきません。一度に切れてくれれば
決心がつくのですが。

愛新覚羅
2018.09.23 13:42 | URL | aishinkakura #- [edit]
我が家は和室で蛍光灯式以外の部屋はLEDです。建築した2011年に蛍光灯のLEDが無かったのでしかたなくという感じです。
しかしその後、硝子体手術をするとかにまで視力低下したため、ブルーライトを出すLEDに苦慮しています。
最近の東京都なぞは、LED化に補助金を出すと聞きましたが、電気の節約には向いているのでしょうね。
眼の悪い者にとっては明るいLEDは嬉しい環境ですが、パソコン共々にブルーライトの遮断措置をしていますよ(涙)
2018.09.23 15:27 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

動力関係と比べると照明関係に使う電気量は微々たるもの
と思っていました。そういうこともLED化が遅れている
原因です。後は照明が切れないのですよね。切れないと
踏ん切りがつきません。

愛新覚羅
2018.09.23 18:34 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅 様


今晩は。

お元気で、半世紀ぶりの大学訪問ですか、良いですね

色々変化して(学校&周辺など)(+_+)したでしょうか!

お疲れ様でした。


還暦シーサー
2018.09.24 20:40 | URL | 還暦シーサー #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

半世紀は間隔を開けすぎました。(笑)
10年ごとくらいでないと何がどこにあったかの記憶も
定かではありません。(恥)

愛新覚羅
2018.09.24 20:44 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2280-7110ab0b