FC2ブログ

“汚染土”日本郵便が今も保管、原発事故後に環境省が受け取り拒否

Posted by aishinkakura on 29.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
汚染土 TBSニュースからです。福島第一原発の事故の後、環境省に郵送された放射性物質を含む土が受け取りを拒否され、日本郵便で7年間にわたって保管せざるを得ない状況が続いていることがJNNの取材で明らかになりました。
 関係者によりますと、放射性物質を含む土は重さ2キロほどで、東日本大震災による福島第一原発事故の後の2011年11月、日本郵便のレターパックで環境省に届きました。当時、環境省は差出人が「不明」だったことなどを理由に受け取りを拒否。それ以降、汚染土は最近まで日本郵便が霞が関の本社で保管せざるを得ない状態が続き、現在は別の場所に移されています。日本郵便は「適切に保管されていて、人体への影響はない」とコメントしています。放射性物質を含んだ土は、最終的な処分方法が決まっておらず、環境省も所有者の責任で保管し続けるしかないとしています。その後この情報が環境省には入り、8月14日、受け取った汚染土を誤って廃棄した疑いもあるとする調査結果を発表しました。中川大臣はこの対応を謝罪した上で、保管体制の検証や再発防止策の検討を指示したことを明らかにしました。
 なにか漫画で爆弾を人から人に押し付ける光景を思い出してしまいます。差出人不明のまま送った郵便局もうかつですが、それを理由に7年間も受け取りを拒否している環境省も責任意識が全くないのですね。そのくせ国は各県に汚染度の保管を分担させています。確か千葉県は相当な量を引き受けていると思いました。
元記事:TBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

差出人不明で2キロの土って!どういう経緯なんでしょうか!全く想像できませんが、当時の混乱で偶発的にということなのでしょうか。
2018.08.29 16:10 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

送り主が解らず、しかも7年経過しているとなると
全ては謎になってしまっていますね。
しかし、送ったという事実、2kgという量からすると
サンプルだと思います。環境省が担当が代わって業務が
引き継がれていなかったとみるのが自然ではないでしょうか。

愛新覚羅
2018.08.29 18:37 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2282-0798f5bc