FC2ブログ

複雑な気分

Posted by aishinkakura on 25.2018 日常 4 comments 0 trackback
銀座線 先日のことです。ブロ友さん主催の音楽会に出席のためギターをケースに入れて背負って東京の会場に向かいました。アコギもドレットノートサイズですから大きいのですがケースに入れるとさらに大きくなります。重くはないのですが長時間背負っていると肩に紐が食い込んで痛いです。そして電車の中は迷惑をかけないようにおろして手で持っていました。
 そういう状況なのですが東京メトロ銀座線に乗ったときに席に座っていた20才そこそこの欧米人の男子がすくっと立ち上がってにっこり笑い、手で着席を促すのです。私は席を譲られたことなどなかったのでビックリしてしまい、思わず笑顔でNo Thankyouと返しました。ところがその若者はどうしても座らせたかったようで会釈をして席に座りました。何駅か過ぎてその若者が下車しそうになりましたので Thankyou for your Kindness と感謝の意を表しました。そうしたら満足そうに笑いながら下車していきました。
 私ももう70歳近いのですから仕方ないのかなあと思いましたが、やはりまだ譲ってほしくないような複雑な気分になりました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

いい若者に出遭ってよかったですね。
いまどき、なかなかそういう若者はいませんから。
大抵はスマホに夢中になっているか、居眠りをしています。

私は子供の頃に受けた教育のせいか、高齢者を見たらすぐ席を譲りますね。
面白いのは自分より歳が若くて健康そうに見えても、席を譲ろうと思うことです。
長年の習慣と条件反射というのは面白いですね。

ひとから親切にされたら遠慮するのが礼儀だと私も思い、長年そうしてきました。
でも、ひとの善意は感謝して受けたほうがいいようですね。
断ると、その人の好意が無になります。
受ければ、こちらもその人も互いに良い気持ちになれます。
なので最近は何度も感謝の言葉を述べて、好意を受けるようにしています。
でも、つい、すぐ「いいです」とか「けっこうです」と言ってしまうんですよね。
2018.10.25 08:23 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

バーソ様は素晴らしい教育を受けているのですね。なかなかそういう
人はいないでしょう。その若者は4人の男女のグループで1人だけ
若かったので恐らく家族ではないかと思います。きっとその若者も
バーソ様と同じ教育を受けて育ったのでしょう。
50代の頃、ヘルニアで難儀しながら通勤しているとき誰も席を
譲ってくれませんでした。苦しそうな顔をしていたと思うのですが。

愛新覚羅
2018.10.25 08:36 | URL | aishinkakura #- [edit]
こういう話はよく耳にしますが実際自分が遭遇するとどうなんでしょう・・・
たしかに複雑な心境になるでしょうね。
そんなに老けて見られてるの?って思ってしまいますよね
若い時、体調が悪くて座りたかったとき
誰にも譲ってもらえませんでした。(当たり前やけど 笑)
ま、人の親切にはありがたく甘える方がいいんでしょうね。
2018.10.25 11:33 | URL | かのぼん #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

こんなところに男女の違いがでるのでしょうね。
女性なら内心面白くなくても素直に親切を受け入れるのでしょうね。
男はつまらない意地やプライドが邪魔をするようです。

愛新覚羅
2018.10.25 13:25 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2338-ef2e521d