FC2ブログ

霊園見学

Posted by aishinkakura on 07.2018 日常 6 comments 0 trackback
霊園

 先日千葉県柏市の霊園の見学に行ってきました。新聞の折込チラシに無料セミナーと出ていましたので妹夫婦をさそって行って来たということです。写真を撮るのを忘れてしまったのですが今回分譲しているのは一番高台にあって手賀沼の眺望が抜群のところです。(貼り付けた写真は旧分譲のエリアの一部です。)私は現在埼玉県春日部市にお墓があり、父親と家内が入っています。50代のころまではお墓があるので将来的に心配がないと思っていました。それは自分の死というものを考えていなかったからなのでしょう。
 私ももう69歳でしかも癌患者です。いつ死んでもおかしくないのです。その場合、誰がお墓の管理をするのかというと誰もいません。お寺では永代供養塔(合祀)に引っ越すことができますが、それも何か寂しいものがあります。見学に行った霊園ですと妹の家族と一緒の墓にして墓誌で2家族わけることも可能です。そうすると妹の子供達、(私からすると甥や姪)が親の墓参りをするときについでにお参りしてくれるのではないかと甘く考えています。彼らにとっては祖父や祖母も入っている訳ですから可能ではと。やはり子供がいないというのは困ったものです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

愛新覚羅 様
こんばんは、

悩ましい問題ですよね、

私は冗談半分に独鈷山(とっこさん・毎朝の定点撮影の山)の頂上に遺骨の一片を置いてくれれば山が俺の墓になると言っています、
かみさんのは千曲川に流せばいい、

「父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し」になる、
と言っているのですが、

家族の賛成は得られそうにありません、
私としては毎日見ているこの山が一番のお気に入りの場所なんですが・・・。

気まぐれおやじ
2018.11.07 19:46 | URL | 気まぐれおやじ #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

良く海に散骨したいなどという話を聞きますがその方はまだ
自分の死期を感じていないのだと思います。
実際に死ぬことを考えるとそうもいかないことがあります。
気まぐれおやじ様の場合はお子さんがおられたのではなかった
でしたっけ?お子さんがいればいいですよね。

愛新覚羅
2018.11.07 20:09 | URL | aishinkakiura #- [edit]
お墓のお引っ越しを 私の代でやりました。

神奈川から桶川に骨を持ってきました。
明治からの骨ですので、沢山ありました。

そして、どちらも、お寺の檀家だったので 石屋さんにも、お寺にも
支払するので スゴくお金が掛かりました。

今は、結婚しない人も多いので 似たような問題に悩んでいる方がとても多いと思います。
2018.11.07 21:40 | URL | おこちゃん #- [edit]
自分の場合は永代供養をお願いしたいと思っています。お骨は散骨がいいです。
娘が二人いますが、お墓の管理や仏壇の管理で、苦労や手間やお金をかけさせたくありません。(夫が舅の墓の管理やその他、お寺さんとのおつきあいで大変な思いをしています)
娘達は、アタシのことは思い出さなくていいです。自分のことだけ考えてほしいです。
死後、どうしてほしいか、人それぞれと思います。

知り合いのお父様は散骨を希望されていました。亡くなられたあと、遺族の方はお父様の意志を尊重し、沖縄の海に散骨しました。今は専門の業者さんがいるそうです。

2018.11.07 22:35 | URL | きたあかり #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

経験者ですね。最近は墓じまいというそうですがお金がかかる
のですよね。新しい墓の方も金がかかるし、二重の費用です。
墓の事業は儲かるように出来ていますね。

愛新覚羅
2018.11.08 07:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

一度お嬢様方に真剣に聞いてきた方がいいですよ。
お墓を苦にする人もいれば墓参りが好きな人もいます。
私は父親だけ入っているときはそうでもありませんでしたが
家内が入ってからはお墓に行くのが好きになりました。
お墓に行くと心が落ち着くのです。
お嬢様も負担に思っていないかも知れません。
散骨は自分では出来ません。やってもらう人には迷惑なこと
です。手続きも手間がかかって大変らしいです。

愛新覚羅
2018.11.08 07:32 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2351-8c140502