そうか!違法建築だったのだ。

Posted by Two-Pen on 12.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
サクラダファミリア

 100年以上にわたって違法な建築工事を進めてきたとされるスペイン・バルセロナの観光名所「サグラダ・ファミリア」の管財当局は同市当局に今後10年間で計3600万ユーロ(約46億8000万円)を支払い、合法的な工事許可を得ることで合意したと発表しました。
 支払金は同教会を毎年訪れる約450万人もの観光客がもたらすとされる悪影響を緩和させるためインフラ基盤の改修事業に充てられるとのことです。
 サグラダ・ファミリアはバルセロナ観光の最大の目玉とされ、アダ・クラウ市長はツイッター上で今回の合意を称賛。2年間の対話の成果であり、教会への進入経路、公共輸送や周辺の路上の再開発など地元住民の生活向上を図る財源を得たとしています。
 ネオゴシック様式のサグラダ・ファミリアは1882年に建設開始。設計は最初、フランシスコ・ビリャールが担当しましたが短期間で辞任し、アントニ・ガウディが後を継ぎました。カタルーニャ出身のガウディの独特な美学に根差した建築物は今なおバルセロナ市内に数多く残っています。
 そのガウディも1926年、電車にひかれて死去。この後、複数の建築家がガウディの当初の設計図に従ってサグラダ・ファミリアの建設を引き継いできました。工事は、ガウディの死去から100年に当たる2026年に完工予定となっています。金を払うか払わないかで違法かどうかが決まるなんて変ですね。安全性云々ではないなんて変です。
元記事:CNNニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、こんにちはv-222

病気も無くクィーンも見れてよかったですね(^^)v
ポジティブに生きてりゃ何とかなります!

サグラダファミリアは数十年前に行ったことがあります。
「桜田淳子ファミリア」などと下らない事を言いながら
塔を上った記憶があります。

ガウディもとっくにいないことですし、スペイン人の事だから
チンタラ建設を続けていくんでしょうね。
2018.11.12 09:19 | URL | み~むし #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ハイ!検査結果がいいと何と晴れ晴れしいことか。
映画も気分よく観られました。ゲイの部分は気分悪いですが(笑)
サクラダファミリアに行ったことがあるのですね。羨ましい。
私は仕事以外で海外に行ったのはわずかしかありません。
ゆえに観光というのはあまりしたことがありません。
定年後行こうと思っていたら家内は亡くなるし、母親も介護。
出かけることが出来なくなりました。癌になるというおまけまで
ついてしまったので残念です。

愛新覚羅
2018.11.12 09:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
アタシも、違法建築だったとは知りませんでした。お金で合法にできるというのも不思議な感じがしますが、お国柄なんですかね。
しかし、行って見てみたいものです。たぶん、一生無理でしょうが。
2018.11.12 18:54 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

世界的に有名な建築物ですから違なんて思いませんよね。
私も一度は行ってみたいです。無理でしょうね。(泣)

愛新覚羅
2018.11.12 22:02 | URL | aishinkakiura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2356-29d580b4