「オプジーボ」の小野薬品、最高益

Posted by Two-Pen on 20.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
小野薬品 がん治療薬品「オプジーボ」を製造、販売する小野薬品工業の2018年9月中間期の純利益は、前年比36・0%増の288億円で過去最高でした。国内での薬価は引き下げられましたが、適用できるがんの種類が増えて販売数量は伸びています。海外でも好調なようです。
 11月1日、9月中間決算を発表しましたが。売上高は前年比18・9%増の1443億円、営業利益は31・2%増の351億円で、いずれも過去最高になっています。
 オプジーボは、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授の研究をもとにした、免疫の働きを利用する新しい仕組みの薬で国内では今年4月に薬価が24%切り下げられましたが、適応できるがんの種類が増えて販売数量は4割程度伸びました。
 ノーベル賞の業績への影響について、会見で相良暁社長は「賞を取っても取らなくても、医療現場での評価は変わりません。影響はほぼないとみている」と話しています。一方で「これだけ短期間の間に、小野薬品、オプジーボという名前が世の中に露出したことから、希望的ですが、知名度の低かった小野薬品で働いてみたいということになればありがたい」と、リクルート活動については期待しているそうです。
 オプジーボの価格は1/4になったそうですが、それでもまだ一般的ではありません。しかも万能ではありませんので一般庶民にどこまで恩恵があるのかは不明です。もう少し一般的に広く使われるようになってからノーベル賞でも良かったのではないでしょうか。私のようにぬか喜びした人は多いと思います。
元記事:朝日新聞 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

 こんにちは 愛新覚羅さま
  その後 如何ですか?

 私は ガンの 治療薬品を 使用した事がないので?

 解りません、 早く 飲めば 良くなる 薬が ほしいですね!

 いつもありがとうございます、たか 
2018.11.22 15:27 | URL | たか #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

オプジーボはノーベル医学賞まで取った薬ですがイマイチ
広く使わていません。価格のこともありますが、それ以外にも
理由がありそうです。

愛新覚羅
2018.11.22 19:03 | URL | aishinkakiura #- [edit]
今日、ブログ更新しましたが、ガンのことです。
朗報に感じて頂けると嬉しいです。
ご存じかもしれませんけれど。

2018.11.22 20:53 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

今私がかかっている病院が開発した治療法で私の担当医が専門です。
ところが今は受け付けていないそうです。何か問題があるのかも
知れません。

愛新覚羅
2018.11.22 21:16 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2364-ca1f19cb