FC2ブログ

昭和の東京地図

Posted by aishinkakura on 07.2018 INTERNET 関係 8 comments 0 trackback
 自分が子供の頃に住んでいた住所は地名が変わってしまっています。懐かしい場所を地図で見たくても有名な施設が近くにないと探せません。ある日なにげなくネットを検索していたらすごいサイトを見つけてしまいました。
 「昭和毎日」という毎日新聞社のサイトなのですが23区別になっていてタイムバーというものを操作すると昭和の年代まで選ぶことが出来ます。私は子供の頃、練馬区と文京区2カ所に住んでいたのですが今はなくなってしまった昔の住所で出ていたので嬉しくなってしまいました。
 昔の地図と今の地図を重ねて実際に行ってみたくなりました。私の今住んでいるところからですと1日で3カ所を楽に回れるのですが何か怖くて(おそらく変わり過ぎているのが)なかなか行くことが出来ません。

石神井公園
練馬区下石神井   0歳から小学校3年まで

丸山町
文京区丸山町 小学校4年から6年まで

駒込坂下町
文京区駒込坂下町  中学1年








ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

昔住んだところ、懐かしいですよね
愛新覚羅さんの母君は、正に孟子の母のよう
子どもの教育に良い環境をと“孟母三遷”だったんですね(^_^)v
2018.12.07 12:52 | URL | 植本多寿美 #- [edit]
ホント、植本様が仰っている通りの事を私も感じましたよ。
うちも転勤族で、学校の近くにばかり住むように意識していましたが。。。娘の方は校庭で遊んでばかりでしたー。。
これは、東京だけなのかな?
日本中見られるのですか?
2018.12.07 13:02 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

こんなサイトがあるとは思いませんでした。
孟子の母?とんでもありません。父親の転勤であちこち
行っていただけです。最後は転校が嫌で都電で通学して
いました。都電通学はいい思い出になりました。

愛新覚羅
2018.12.07 14:29 | URL | aishinkakiura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

孟子の母ということはありませんよ。文京区は学校が
多いのです。それに昔の地図ですから学校と病院以外
の施設が好かなかったから地図上で目立つのだと思います。
その後は埼玉県草加市に移りました。

愛新覚羅
2018.12.07 14:32 | URL | aishinkakiura #- [edit]
懐かしい土地、子どもの頃に住んでいた町、今訪ねてみるのは楽しそうです。探せるサイトがあるとは、びっくりです。それも何かの縁、怖がらずに是非行ってくださ~い(*^-^*)

自分の場合、子どものころ住んでいた町は町名変わらず、すぐに行けるところにあるのですが・・なかなか行かないですねぇ。いつでも行けると思うと、かえって行かないのかしら。
2018.12.07 18:17 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

振り返ることなく60年以上経過してしまっているから怖い
のでしょうね。実はこの地図を見ただけでも怖かったのです。
でもおっしゃる通り打破しないといけませんね。

愛新覚羅
2018.12.07 18:51 | URL | aishinkakiura #- [edit]
愛新覚羅 様
おはようございます、

昨日から見ていて当時の記憶をたどっていました、
中学時代の場所は「谷中銀座」を日暮里駅から下って来て「よみせ通り」にぶつかって右折して間もなく辺りですよね。

私は小学校が谷中小学校でしたので遊びの範囲だったり、
谷中銀座の日暮里駅よりに「武藤書店」というのがあって本の買物はそこでした。

中学生時代もこの辺りには出没していましたのでもしかしたらすれ違っていたのかも・・・

小学校低学年までは谷中の幸田露伴邸にごく近い墓地のすぐ近くの平屋の借家に住んでいました、
今でもその家は残っていてどなたかが住まわれているようで生活感を外見から感じ取ってきました。
車が通れないほどの路地に面した家なので現存出来たのでしょうね。
東京芸大の先生のお宅の離れだったと聞いていましたので造りもしっかりしていたんでしょう。
たぶん空襲にもあっていない建物だと思います。
もしかしたら関東大震災直後に立てられたものかもしれません。

谷中近辺だと表通りを一歩はいると戦前戦後がいまだに残っています、
路地という悪条件が開発出来なかったのかもしれません。

足腰が丈夫なうちに旧地を訪問できるといいですね、
時空を超えた一日を過ごすことができることでしょう。

幼年期の記憶を呼び起こしていただきましてありがとうございます。

冬将軍がやってくるようです、
母上様共々ご自愛ください。

気まぐれおやじ
2018.12.08 10:59 | URL | 気まぐれおやじ #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

谷中銀座を下ってきて突き当りを左折してすぐに右折です。
都電通りの近くです。
この付近の学校は行かず前に住んでいたところに都電通学
していました。
駒込坂下町から丸山町です。途中神明町や六義園を通りました。

愛新覚羅
2018.12.08 19:37 | URL | aishinkakiura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2381-73400bb6