「たばこ休憩」は不公平なのか?

Posted by aishinkakura on 20.2019 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
タバコ休憩 労務管理の現場において、たばこ休憩をする社員としない社員の不公平感が話題になることは少なくありません。また、頻繁にたばこ休憩をする社員が懲戒処分を受けたという事例もあります。本当にタバコ休憩は非難されるべきものなのでしょうか?
 「職務専念義務」からの見方ですが、これを厳密に解釈すると、「業務時間中の私的行為は一切許されない」ということになります。しかし、少なからずの職場で、デスクにコーヒーやジュースを置いてそれを飲みながら仕事をしたり、小腹がすいたときにお菓子を口にしたりすることは許されているのではないかと思います。むしろ福利厚生としてお菓子や飲み物を提供している職場もあります。
 この点、たばこ休憩が目の敵にされる理由は、「自席を離れて喫煙スペースに行く」からではないかと考えられます。コーヒーは自分のデスクで飲むから許され、たばこは喫煙スペースに行くから許せない、というのが多くの人の判断基準になっているのではないかと思います。
 ここで冷静に考えた方がいいのは、「自分のデスクにいれば、イコール仕事をしているのか」ということです。自席に座っていてもコーヒーを飲みながら頭の中はボケーっとしているかもしれません。逆に、自席を離れて喫煙スペースに行っていても、たばこを吸いながら企画のアイデアを整理しているならば仕事をしているといえます。
 私は現役時代、喫煙室に集まってきて仕事の話をしている人達から情報を得て、そこからアイデアを出して解決に持っていった仕事がいくつもあります。喫煙室では気分がフランクになりますから忌憚の無い意見も聞けるのです。自分のデスクでパソコンのモニターの影に隠れて仕事をしているフリをしている人種よりはるかに仕事をしていたと思います。
 非喫煙者はともすれば嫌煙モンスターになりがちです。タバコを吸う吸わないではなく成果主義で判断すべきではないかと思います。今は事情があって3年間禁煙中ですが喫煙者の味方です。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そもそも、こういうことを職場で話題にすること自体が
なんか寂しいですね
若い頃は、図面に埋もれて
煙草を吸ったり、珈琲呑んだり
のびのびと楽しく仕事をしてました(^_^)v
2019.02.20 09:01 | URL | 植本 多寿美 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

そうですよね。仕事に集中していればそんなこと気に
ならないはずです。あれこれ言うのはおかしいです。

愛新覚羅
2019.02.20 10:06 | URL | aishinkakiura #- [edit]
確かに、机に座っているからと言って、仕事をバリバリやっているとは限りませんね。すごく大変な仕事をしているふりをして残業して、俺は頑張っているアピールをしているが、実は何もしていないという人はワンサカいます。逆に言えば、喫煙室に行っているからと言って、バリバリ仕事ができる人なわけでもありません。そこで判断できるわけではない気がします。
人それぞれ、能力に違いはあります。真面目で一生懸命だからと言って仕事ができるわけではなく、不真面目で適当でもすごく仕事できる人もいます。
難しいです。('ω')

3年間禁煙でも喫煙者の味方とは、教授はかなりのたばこ好きですね。吸わないアタシからすると、よくわかりませんが、好きなものがあるのは良いことです。
2019.02.20 16:43 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

仕事は成果主義で評価すべきだと思います。
しかし事務の仕事は評価がしずらいですね。やはり正確さ
とスピードでしょうか。喫煙所に行っても正確で沢山
できていればいいのだと思います。
そうなのです。3年禁煙と言っても無理に禁煙しています
ので喫煙者の気持ちは良くわかります。

愛新覚羅
2019.02.20 19:44 | URL | aishinkakiura #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.02.20 21:35 | | # [edit]
どういたしまして。
コメントできないことが多いのですがご勘弁下さい。

愛新覚羅
2019.02.20 21:38 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2441-6a3ee9c6