FC2ブログ

お受験増加傾向

Posted by aishinkakura on 18.2019 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
グラフ中学受験 大手進学塾・サピックスの広野雅明・教育事業本部長は「今年の首都圏の中学受験者数は確実に増える」と分析しています。
森上教育研究所のまとめによると、昨年の2月1日午前に、東京と神奈川で私立中学校の入試を受けたのは約3万8千人。首都圏の1都3県の公立小に在籍していた6年生の約14%にあたる数字です。受験者数は08年のリーマン・ショックから8年連続で減少していましが、2016年から上昇に転じ、3年連続の増加となっています。
理由として受験関係者が注目するのは、大学入試改革です。20年度から大学入試センター試験の後継として「大学入学共通テスト」が始まりますが、24年度には高校の教科再編に合わせてテストも見直され、記述式問題なども増える予定です。この春、中学に入学する子どもたちが大学受験をする年にあたります。「高校3年間の勉強だけでは、思考力などを問う新テストに対応しにくいという見方が広がり、私立中高一貫校の人気が高まっている」とのことです。
 私の卒業した区立小学校は文京区の小石川地区にありました。この学校は当時からお受験が盛んで男子の1/3くらいが有名私立中学に行っていました。一緒に遊んでいた子が6年生なると遊んでくれなくなりました。当時はどうしてかわかりませんでしたがお受験だったのですね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ここ東北では、今でも、私立中学入試と言うのはあまり一般的ではないのですが、都会のほうでは、中学から私立を望む人が多いのですね。
教授の記事によると・・・国公立大学に目指す人が、大学受験対策として、私立の中学高校に通いたいということでしょうか?アタシのイメージでは、エスカレーター式に私立の大学に上がれるよう、中学からその附属中に受験し入学を希望するというものでしたが・・違うのかな?
いずれにせよ、大学受験は、やりかたというか制度が複雑です。いろいろな方法があり、子供たちの受験のとき、かなり勉強したアタシでした~。私立大学については、受験方法や受験科目、それぞれの偏差値、入学金支払い期日などをエクセルで表にしました。笑
2019.02.18 19:37 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

確かに早慶を狙う場合は中高大と進む方法があります。
しかし東大を目指す人は偏差値の高い中高一貫校に行って
徹底的に受験体制に臨むようです。
私などはどこでもいいと思っていましたから気楽なもの
でした。(笑)

愛新覚羅
2019.02.18 19:43 | URL | aishinkakiura #- [edit]
こんばんは。
中学受験の記事を読んで思うこと…

人それぞれ考え方は違うので、否定的な意味合いではないのですが…
僕は3人の子どもの教育方針として、勉強に重きを置いていませんので、中学から私立で詰め込み教育…という考え方に違和感を覚えています。

もちろん、勉強を頑張って、将来一流企業…が親も安心なのは理解できますが、子ども自身はそれを望んでいるのか…がいつも気になります。

古き良き昭和の子ども(自分も含め)は、勉強以外からたくさんのことを学びましたよねぇ…
遊びも周りの資源を活用しながら、仲間たちと考え、協力しあって。
人とのつながりって勉強からは作れないので、今の子どもたちは人間関係をうまく形成できているのか、とても心配です。
2019.02.19 01:29 | URL | まみむめも #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

中学お受験はほとんど親の考える路線ですね。
私の小学校の同級生達も省庁の官僚を目指していたのだと思います。
そのための詰め込み教育ですから試験の成績がいいのですが
それだけの人間になっていったのではないかと思います。
私の現役時代にいた企業では東大卒の中途採用希望者が何人か来ましたが
仕事に向いていないと思い採用していませんでした。
ダブリのコメントは削除させていただきました。

愛新覚羅
2019.02.19 07:26 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2455-eec03891