役所では100均のハンコOK、シャチハタNG、なぜ?

Posted by Two-Pen on 06.2019 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
ハンコ文化 表題のことについて疑問に思った人が役所に行って聞いたそうです。







担当者:「条例などでは決まっていませんが、事務処理上の慣習です。『シヤチハタ』は(印面が)ゴム製で、印影が変形してしまう可能性があるので不可としています」

質問者:シヤチハタ社製以外のゴム製の印鑑もありますが、扱いは同じですか。

担当者「変形の恐れがあるので、同じく不可の扱いです。代表的なものとして『シヤチハタ』を挙げています」

質問者:100円均一ショップで売っているような、大量生産の印鑑はよいのでしょうか。簡単になりすましができそうですが。

担当者:「印鑑の種類は決まっていません。なりすましについては、保険証など複数の方法で本人確認をしているので大丈夫だと思います」

質問者:印鑑を忘れた場合、サイン(署名)ではダメなのでしょうか。サインの方が本人確認にはよさそうです。

担当者:「事務処理上の慣習で、請求書などには押印をお願いしています。ただ、『サインではダメか』と質問されたら、ダメとは言えません。拒否はしていませんが、お金を扱うことなので、本人確認をきちんとした上で対応しています」

以上のような問答になったそうです。いい加減にハンコ文化は無くせばいいのに。
元記事:yahooニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

今どきは、あの類の物はまとめて「ハンコ」と呼ばれますが、公的に認められる物は「印鑑」です。
押す為の物である「印鑑」と、押された結果である紙に写った「印影」が一致するか否かが大事な事です。
「印鑑」と「印影」が一致するということは、「印鑑」の所有者が押印したという証拠となるということです。
したがって「ゴム印」の一種類にしかすぎない「シヤチハタ」が有名なインキ浸透印は、「印鑑」と「印影」が一致しない可能性が極めて高い為に「ゴム印」は「印鑑」として使用できません。

叱られそうな例えですが、三種の神器を所持することが天皇の証として承継される仕来りの国家では、「印鑑」を押印する事が自己の意思の象徴なのでしょう。
2019.04.06 19:46 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

家内が亡くなったときの話ですがお金のことを全く知らなかった
ので銀行印がどれだか判りませんでした。銀行に何種類か持って
いき見てもらいました。
おっしゃるとおり印影を透かしてまじまじと注意深く見ていました。
通帳がいくつもあったので大変でした。(少金額ばかりです)
そういえば清国の皇帝の引継ぎはどでかい皇印でした。(笑)

愛新覚羅
2019.04.06 20:26 | URL | aishinkakura #- [edit]
公式書類にハンコじゃあなく、印鑑を押すたびに思います。
昨今は百円ショップでも売っているので
そんなもので大丈夫なのかと思いますね。
それから、カードで買い物をするとき、
大抵その場でいい加減に書きなぐりますので、
書体がカード背面のとは大違いで、これも気になります。
宅配便はいつもシャチハタです。
一度はインクが流れて、まったく判別不能でしたが、
それで大丈夫ですよと配送員から言われました。
印鑑は文化と呼ぶなら形式文化のようですね。
2019.04.07 08:07 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

クレジットカードのサインですが今は殆どしないで済みますね。
でもたまにサインを求められるのでビックリしてしまいます。
また暗唱番号を入れてくれと言われることもありますが基準が
どうなっているのか不明です。
宅配便の押印ですね。私もシャチハタです。
印鑑が必要な場合は面倒なので全て実印を押しています。
実印なら文句ないだろうという考え方ですけど危ないですね。
皇帝印ではありませんよ。(笑)

愛新覚羅
2019.04.07 08:33 | URL | aishinkakiura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2501-e49eeae7