FC2ブログ

「メッシを神と呼ばないで」ローマ法王が注意

Posted by aishinkakura on 24.2019 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
メッシ ローマ法皇のフランシスコは、サッカーファンがメッシを「神」と呼ぶことに対し「神への冒涜である」とし、その呼称を使わないよう注意しているそうです。海外メディアSkyNewsが伝えています。
 今回の件は、FCバルセロナのファンがリオネル・メッシをしばしばスペイン語で神という意味に当たる「dios」と呼ぶことに端を発しています。
 スペインのテレビチャンネルLa Sextaからのインタビューで法王は「理論上、これは冒涜だ。そう呼ばれるべきではない。そんなことが良いはずがない」とコメントしているそうです。
 番組司会者のジョルディ・エボルが、自身はメッシが神だと信じていると語ると、法王は笑いながら「私は信じません」。崇拝されるのは神のみだとし、メッシについては「ピッチ上でボールとともにある神、というのがわかりやすい表現方法でしょう」「彼は見ていて素晴らしいが、神ではない」と加えたそうです。
 なお法王はサッカーファンとして知られており、ブエノスアイレスのチーム、サン・ロレンソのクラブメンバーだそうです。
 面白いやりとりですね。「ピッチ上でボールとともにある神」というのもいいですね。
元記事:エンタメニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2594-a362007f