FC2ブログ

余命予測は科学的な根拠あるのか?

Posted by aishinkakura on 11.2019 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
4タイプの終末期 早ければ半年の命ですね――。がんになってこんな余命宣告を受けたら、ショックを受けない人はいないでしょう。ドラマや映画で、「もってあと○カ月」などと、患者が言われる場面もよく見かけます。でも、そうした余命の予測って、どこまで信じて良いのでしょうか。そして、余命予測の研究はどこまで進んでいるのでしょうか。

 腫瘍内科医の押川勝太郎さんは、各地でがん治療に関する市民向け講演会をたびたび開催、がん専門医の「ユーチューバー」として、ネット上に公開しています。特に、進行がんなどで重要になる緩和ケアへの説明には力を入れています。余命予測への患者からの問い合わせも少なくないそうです。
 押川さんによると、医師が見立てる余命は科学的根拠に乏しく、経験や主観に頼ったものが多いといいます。また、抗がん剤の臨床試験での生存期間のデータにもとづいて、医師が余命の期間を挙げることもあるそうですが、あくまで試験に参加した人の生存期間の中央値(全体のうちの半数の患者さんが亡くなる時期)にしか過ぎないそうです。臨床試験の参加者とは違う年代や状態の人には、一概にあてはめにくいそうです。

 押川さんは「がん患者の余命は本当にわからない。やさしい医師ほど厳しめに言えず準備が遅れたり、逆に厳しい医師ほど、早々と見通しのない治療をやめて楽な期間つくってもらったりするなどの場合もあり得る」と話します。
 国立がん研究センターは、同センターで治療を受けている75人の進行がん患者に対する医師らの余命予測を検証したことがあります。その結果、患者の余命を正確に予測できたのは、36%にとどまったそうです。36%の医師が余命を実際より長く予測し、28%が短く予測していたそうです。経験の浅い医師ほど余命を短く予測する傾向があるほか、65歳以上の患者も余命が短く予測される傾向があったといいます。

 研究責任者だった同センターの藤原康弘さんによると、自分に残された時間を知りたいと思っている患者が多いのに、医師が気遣って、残された時間の話をしない場合があるという。そのため、ホスピスに行くタイミングが遅れ、患者が家族にメッセージなどを残すタイミングが遅れたりすることもあり、臨床で問題になっているそうです。
 私は家内の余命宣告を聞きました。医師は治療がベストに利いたとして半年だと言いました。でもその宣告を聞いて1週間後に亡くなってしまいました。
 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

おはようございます。
自分の最後を考えるとやっぱり突然死型が理想です。
普段元気である時ポックリ、これなら身内に迷惑もかけませんからね。
ただ、こればかりは自分ではどうしようもないですが・・・。
2019.07.11 05:45 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

良くピンピンコロリなんて言いますよね。理想だと思います。
私の場合は家内も子供もいませんのでUSBストレージに必要
なことを全て書き残してあります。葬儀連絡先から金融面
まで順を追って。

愛新覚羅
2019.07.11 06:41 | URL | aishinkakura #- [edit]
>USBストレージに必要なことを全て書き残してあります。

退院して落ち着いたら、その手順を教えてください。
2019.07.11 08:59 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

了解いたしました。月日のお約束は出来ませんが
必ず連絡格します。

愛新覚羅
2019.07.11 10:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
余命宣告されたら、ショックですよね。想像もつきません。
時期、宣告された期間とは全然違ったと、よく聞きます。余命はわからないというのが本当のところなのでしょうが・・。
2019.07.11 18:36 | URL | きたあかり #- [edit]
余命宣告、奥様の事、胸が詰まります。
どんなにお辛かった事でしょう。
よく頑張って来られましたですね。

母も、スキルスで入院した時は余命1か月と言われ、
その通りのように亡くなりました。

私は癌で入院した日に、5年生存率65%と言われました。
一日一日を大切に過ごすようにしております。

愛新覚羅様は、お母様の事も気がかりでしょう。
お大事になさって下さいませ。


2019.07.11 20:34 | URL | パープル #- [edit]
1週間とは 少し考えさせられました。


父も義母も (末期)と言う言葉で伝えられました。

全く素人には それがどのくらいなのか 想像ができませんでした。
曖昧でしたが、それは誰にもわからない事なのかもしれないです。

ホスピスを希望する人へならば もう少しはっきり言って貰いたいと思いました。

しかし、本人へ伝えるならば 少しでも希望を持たせて貰えるように言って貰いたいし。。。


これは 本人が自分の命を どう考えているか?なのかなー。

何十年経っても 今だに 父への気持ちが どうしたら最良だったのかな?と、答えは出てません。

2019.07.12 00:08 | URL | おこちゃん #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私ははじめてガンだと言われたとき生存率の話はありませんでした。
随分はっきりした先生なのですね。
2年間転移がなければクリアする可能性が高いとは言われました。
そして順調に経緯し1年9ヶ月後にリンパ節転移が見つかったときは
残念がっていました。

愛新覚羅
2019.07.12 05:55 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

後で調べたら急性白血病は急速に命を無くすことが
多いそうです。でも1週間はあまりにも短期間でした。
親友と兄弟くらいしか最期の面会を組めませんでした。

愛新覚羅
2019.07.12 06:02 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

やはり余命宣告はショックです。そういったことから
ガンより心臓病の方がマシではないかと思っています。

愛新覚羅
2019.07.12 19:08 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2597-e30b7701