FC2ブログ

お仏壇のはせがわが飲食業?

Posted by aishinkakura on 29.2019 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
20190711105853af5.jpg 新しい形の飲食店に、東京で挑戦する福岡の企業が相次いでいます。世界有数の大都市でもまれた結果を生かして、新たな事業の柱を育てようと意欲を込めています。

 東京・有楽町に4月、スープ専門店「ピエトロ ア デイ」を開いたのはピエトロ(福岡市)です。スープをドレッシング、パスタに次ぐ第3の柱に掲げる同社は、働く女性を中心にスープレストランがめだつ東京に進出しました。
 パン製の器にスープを入れたブレッドボウル(税抜き800円)や3種類のスープの飲み比べセット(同880円)を楽しめます。飲食スペースはわずか10席ですが、店頭ではレトルトタイプのスープ計18種類を買うこともできます。
 プレナス(福岡市)は運営する定食店「やよい軒」にテイクアウトを追加。5月、東京・茅場町の店にテイクアウト専用の入り口を設けて販売を始めています。
 メニューは13種類。店内で食べるより割安な価格に抑えました。東京のオフィス街では、飲食店が混雑する昼時に多くの「ランチ難民」が発生することも意識しました。広報担当者は「東京は競争が激しいが、勝ち残ればさらなる店舗展開も期待できる」と話ています。

 飲食以外の業種から新規参入するのは仏壇・仏具大手のはせがわ(福岡市)。今月14日に東京・自由が丘で新店「田ノ実」を開きました。約30席の飲食スペースでコメや旬の野菜を使ったメニューを提供。地域の特産品や雑貨の販売もするそうです。
 仏壇・仏具関連市場は中長期的に縮小が見込まれる中で、飲食事業を新たな事業の柱に育てたい狙いもあります。はせがわは、祈りや供養のときに手を合わせる「心豊かな日本の生活文化」を食の分野にも根づかせることを掲げています。
はせがわといえば仏具屋として全国区ですよね。我が家もはせがわから購入しています。その時は熱心に墓地を勧めてきました。それは関連商品ですが、今回は飲食業とは恐れ入りました。
 




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

おはよう御座います。
飲食店は次々と入れ替わるのが常ですが職場そばでは
ジャジャー麺のお店ができたり団子屋さん、老舗のお餅屋が廃業したり
結構動きがあります。
その中でオープンテラスのような店構えで
自家米のおにぎりやヘルシーを売り物にしているお店では
いつもママさんグループがお昼を摂っていて繁盛の様子です。
なにか特徴があれば人が集まるのですね。
2019.07.29 07:27 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

仏具屋さんは高齢化社会にあって葬儀屋さんと並ぶ成長産業だと
思っていましたがそうでもないようですね。
医療の進歩があり亡くなる方も少ないのでしょう。
だからと言って飲食業はどうなのでしょうね。私なら仏具屋さん
のやっているレストランなど入りたくありませんが。

愛新覚羅
2019.07.29 07:36 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2618-1933382d