FC2ブログ

都内にも「過疎地」が...ガソリンスタンドが減り続けている

Posted by aishinkakura on 12.2019 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
給油ノズル 国内のガソリンスタンド(GS)の数は2018年度末時点で3万70カ所となり、ピークだった1994年度末の6万421カ所から24年連続で減少したことになります。
ハイブリッドカーの普及など自動車の燃費向上でガソリンの需要が長期的に減少していることに加え、値引き競争や後継者不足などでGS業界は疲弊しています。自治体の中にGSが一つもない町村は全国で10町村(2018年3月末時点、同庁調べ)あるなど、インフラとしてのGSの存続は社会問題になってきています。
 資源エネルギー庁の統計によると、全国のGSは2018年度中に125カ所新設されましたが、802カ所が廃止となり、合計で677カ所減って3万70カ所となっています。マイナス幅は1997年度に1352カ所と4桁になり、19年連続で1000カ所台の減少が続きましたが、2016年度866カ所、2017年度720カ所、2018年度677カ所と、近年はマイナス幅が少なくなっています。

 GSの倒産件数は2008年度の65件をピークに2017年度は30件に半減するなど、近年は落ち着いてきています。とはいえ、レギュラーガソリンの店頭価格は高値で推移しています。帝国データバンクによると「価格競争の激化でGSは収益環境の悪化を招く恐れがある。特に小規模企業ではGS同士の競争激化の中、コストの販売価格への転嫁が進まず、収益改善に至らないケースもみられる」といいます。
 今後のGSの経営方針については、回答企業の7割が「継続する」と答えていますが、「廃業を考えている」が11.8%、「規模縮小を考えている」も4.0%ありました。廃業検討の理由は「後継者の不在」が41.0%で最多。「施設の老朽化」が37.4%、「販売量の減少」が31.5%で続いています。

 昔は幹線道路を1kmも走ると5〜6軒のGSがあったものです。私も好きなブランドを選んで給油していましたが、今は選ぶなんて出来ません。どこでもいいから給油しておかないとガス欠してしまいます。
元記事:J−Castニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

盛岡の街なかにも何十年か前はたくさんのGSがありました。
でも今はだいぶ減って、郊外の国道のバイパス沿いに
ポツンポツンとありますが、街なかから移動したのですかねえ。

車は売れているので全くなくなることはないでしょうが
家からは遠くなり不便このうえありません。
過疎の町は経営が成り立たず、より深刻だと思います。
2019.09.12 07:53 | URL | kaz #gp9tOLgg [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ガソリンや軽油だけではなく街中のGSは灯油の供給元と
しても重要ですよね。
学生の頃GSでバイトをしていることが多かったのですが
冬は灯油の配達をよくやっていました。団地の4階などは
持って上がるのが大変でした。
今ではとても出来ません。(笑)

愛新覚羅
2019.09.12 08:06 | URL | aishinkakura #- [edit]
確かに減ったね。
レストランやショッピングモールの駐車場に
電気自動車用の場所があったりしますね。

電気に変わっていくのでしょうか?
でも、今回の千葉県の大停電だと、電気自動車って大変だとおもった。


2019.09.12 21:43 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

沢山あって過当競争の頃は色々プレゼントがあって客の争奪戦でしたが
今はそんなこともなくなりましたね。
東日本大震災のときはガソリンパニックになりました。
そのときに入れてくれたスタンドを今でも覚えています。
神様のように思えました。なにしろ毎日家内の病院に行っていましたから。

愛新覚羅
2019.09.12 21:51 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2650-859feac4