FC2ブログ

食料自給率、過去最低タイに

Posted by aishinkakura on 04.2019 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
食糧自給率 農林水産省が発表した2018年度の食料自給率(カロリーベース)が、前年度比1ポイント減の37%になりました。これは冷夏でコメの記録的な不作が社会問題となった1993年度と並び、過去最低の水準です。
 農水省は天候不順で北海道の小麦や大豆の生産量が大幅に減少したことが主な要因としていますが、消費者の長期的なコメ離れも大きく影響しています。

 日本の食料自給率は1960年の79%をピークに長期的な低下傾向が続いています。食料自給率が長期にわたって低下しているのは、日本人が食べるご飯の量が減り、肉などのおかずを食べる量が増えたからとされています。
 自給率37%は主要先進国の中で最も低く、日本が食料の多くを輸入に頼っている現実を意味します。政府は当初2020年度までに食料自給率を50%に引き上げる目標を掲げていましたが、実現困難なため、25年度までに45%とする現在の目標に引き下げた経緯があります。現状ではいずれにせよ政府目標の達成は困難な情勢です。自給率の目標に明確な根拠があるわけではありませんが、専門家の間では食料安保上、過半の50%以上を目指すべきという意見が根強くなっています。

 コメの年間消費量を1人当たりの茶碗に換算すると、日本人は1965年度に1日5杯、米飯を食べていましたが、現在は3杯弱となる計算です。しかし日本人がコメの代わりにパンや麺類をたくさん食べるようになったわけではありません。1960年代に比べて増えたのは肉類と、植物油・バターなど油脂類です。

 政府関係者は「日本人の食生活が豊かになり、主食のご飯よりも、肉などのおかずをたくさん食べるようになったということだ。その結果、コメの消費が減ったわけで、食料自給率が長期的に低下するのは避けられない」と説明しています。
であれば、自給率アップを標榜する食料自給率目標は現実にはそぐわないことになる。政府がいずれ抜本的な見直しを迫られるのは間違いありません。

 私は長年食品業界におりましたのでこの辺のことは良く理解しています。弁当を考えれば良く理解できます。昔は梅干が一個だけ入った日の丸弁当という極端なものもありました。今はどこの家もお母さんが綺麗に作ってご飯は見えていません。
また買い物に行く人も理解し易いと思います。肉や玉子は安いのです。ですので肉中心になるのは当たり前です。
 つまり嗜好だけではなく経済も影響しているということです。食糧自給率を上げるには高い国産品でも買える経済力を国民が持つことだと思います。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、こんにちは(^^)/

買い物に行くと肉(輸入物)はホントに安いですよね!

その点、魚は高くなりました。
(教授は食べないからいいですね)

近年、サンマも高いです。
やはり魚はなかなか養殖できませんからねv-229

マグロやウナギが安く購入できるようになるのは
まだ先なんでしょうねぇ。。
2019.09.04 08:46 | URL | み~むし #- [edit]
みーむし様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

日本は農産、水産、畜産品がすべて高いです。
加工食品はそうでもありません。海外の安い原料を使うからです。
そういうことから益々自給率が下がってしまいます。

愛新覚羅
2019.09.04 13:35 | URL | aishinkakura #- [edit]
安部草履は、戦争したがっているようにも見えますが、それにしては自給自足したがらないのが不思議です。
米が採れなくなったら、アメリカ産のトウモロコシを食うんですかね
2019.09.04 17:32 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

安倍草履は丸山穂高議員の師匠なのでしょうかねえ。
自給自足したがらないのではなく、その能力がないだけでしょう。
抜本的な改革が必要ですから。国民の生活より自分がいつまで権力を
握れるかの方が関心事でしょう。

愛新覚羅
2019.09.04 18:51 | URL | aishinkakura #- [edit]
食料自給率を高く保つのは大事なことと思いますが、国産品を買える経済力を持つのは、アタシには無理かも・・・。しかも、米をあまり食べてないし。反省。
2019.09.04 19:11 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

経済力の話は個人ではなく国としてです。つまり政治でなんとか
しなくてはいけないという意味です。日本の農産・水産・畜産品は
高いのですが生産者だって儲けている訳ではありません。
安く生産できる仕組みをつくらないといつまでたっても同じです。

愛新覚羅
2019.09.04 19:16 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2655-905958af