FC2ブログ

管理職になりたくない やる気がない?

Posted by aishinkakura on 15.2019 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
白旗 日本は「管理職になりたい」「出世したい」人の割合が14カ国・地域の中で最低──パーソル総合研究所が実施した国際比較調査でこうした結果が出ました。さらに日本は勤務先への満足度が低いのに、転職意向も最低という結果です。パーソル総合研究所は「日本だけ『一人負け』といってよい特異な数字が出た」として、改革が必要だと指摘しています。
 調査は、パーソル総合研究所が実施した「APAC(アジア太平洋地域)の就業実態・成長意識調査(2019年)」で、2月から3月にかけ、中国や韓国、インド、東南アジア、オーストラリアなどアジア太平洋地域の14カ国・地域の就業している人を対象に実施したものです。

 調査結果によると、日本は管理職になりたい人の割合が21.4%と最下位。13位のニュージーランドが41.2%なのに比べてもかなり低い結果となりました。「会社で出世したい」という人も日本は2.9%で最下位でした。勤務先以外での学習や自己啓発について、「特に何も行っていない」が日本は46.3%で、14カ国・地域中トップ。2位のオーストラリアと比べて24.8ポイントも差があり、「断トツで自己研鑽していない」という結果でした。
自己啓発では「読書」などほとんどの項目で日本が最低(パーソル総合研究所「APACの就業実態・成長意識調査(2019年)」)

 勤務先への満足度も14カ国・地域の平均と比べ低く、今の勤務先で働き続けたい人の割合も日本は最下位。その一方で転職意向も最も低く、「勤め続けたいとそれほど思っていないが、積極的な転職も考えていない」という状態です。
 ただ、日本は転職後に年収が上がった人の割合が4割強と最低で、日本以外はいずれも6割以上が上がっているという結果です。日本は年収が下がった割合(40.4%)と変わらない割合(16.4%)の合計が5割を超えており、「転職が収入増につながりにくい状況」も浮かび上がっています。

 仕事選びで重視する点として、日本は(1)希望する年収が得られること、(2)職場の人間関係が良いこと、(3)休みやすいこと──が上位。年収は各国とも上位ですが、「職場の人間関係」「休みやすさ」がトップ3に入っているのは日本だけで、独特の傾向がありました。

 エコノミックアミマル、猛烈社員、企業戦士などという言葉はもはや死語なのでしょうね。一生懸命やっても仕方ないというあきらめの心境なのでしょうか。向上心が感じられません。日本は世界から取り残されていくだけなのでしょうか。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そんなひどいんですね。管理職の負担が大きいというのが成りたくない背景にあるんじゃないかなぁとも思います。管理職をやりはじめてもう暫く経っていますが結構な負担ではあります。やれる仕事の範囲が広がって面白いのでいいのですが。
2019.09.15 08:28 | URL | TORU #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

今日、明日だけ考えれば仕事の責任がない方が楽に決まって
います。しかし長い目で見た場合思い切り仕事をしたかどうか
を後悔する日がきます。
もう寿命がつきようとしているとき満足な一生だったかどうか
振り返ると思います。

愛新覚羅
2019.09.15 08:34 | URL | aishinkakura #- [edit]
職業観、やりがいや生き方などを考えることもなく漫然と育ち、
体だけ大人になったこども、ということでしょうか。

要は現状維持、後で自分が苦労するのですからいい気味だ
と言ってはいけませんがもったいないことです。

親もまた同じような大人こどもで子を導く能力がないのか、
原因を突き止めてしっかり手を打たないと国が衰退しそうですね。

2019.09.15 18:41 | URL | kaz #gp9tOLgg [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

一度しかない人生ですから悔いのないようにしたいものです。
人生最後に老人ホームに入った際も現役時代なにをしていた
という話題になるはずです。
自分は休みを優先していたので仕事はあまりやりませんでした
などと言うのは恥ずかしいことだと思います。
堂々とこれとこれの業績があり確固たる地位についていました
と答えたいものです。

愛新覚羅
2019.09.15 19:09 | URL | aishinkakura #- [edit]
管理職、特に中間。
上下の板挟みのうえに、自分の仕事もあります。

その割には 給料は管理職手当でごまかされ、残業手当はつきませんよね。

そこで、戦後の人は 日本の為と頑張ったけど、
今の人は それがないでしょー。

人間関係に敏感に (イジメ) 育った人達が その年齢になってきてます。
40才位。
かんばっているんです。(戦後とはくらべられないけどね)
人間関係に悩んで、給料も割には合わないと、心がやんでしまいます。

飛び込みたくもなるのでしょう。。。

日本が世界から取り残されたのではなくて、仕組みにもんだいです。


働けど働けど 我が暮らし楽にならず。

なせならば、上が搾取するからです。、

内部留保。。。チャンチャラ笑っちゃうよ!


怒りのおこちゃんでしたー
2019.09.15 23:30 | URL | おこちゃん #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

日本が大きく飛躍したときは明治維新と終戦直後だと思います。
スポーツもそうですがハングリー精神が無くなってくると衰退
してしまいます。
今の親の大部分は本当にきびしい時代を生きてこなかった世代です。
そんな世代が根性のある子供を育てられるわけがありません。
丸山議員ではありませんが「やっぱり戦争するしか」になって
しまいそうです。

愛新覚羅
2019.09.16 06:49 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2666-8eb592e6