FC2ブログ

大阪大がiPS細胞角膜移植

Posted by aishinkakura on 18.2019 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
ips角膜 大阪大学眼科の西田幸二教授らのグループは7月、角膜の表面が傷つき失明状態にある角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植し、先週、退院したと発表しました。
 角膜シートは、京都大学から提供された他人のiPS細胞を培養して作られたもので、患者の女性は今のところ拒絶反応はなく、移植後、失明状態だった視力は回復しているということです。

 「視力的にいうと、字は見えるようになっている。(患者は)喜んでおられます」(大阪大学 西田幸二教授)
 今後は1年間、視力の状態を観察しながら、シートの安全性などを慎重に調べるということです。
 iPS細胞を使った臨床研究はこれまで、パーキンソン病の治療など実用化に向けた動きが加速していて、阪大はiPS心筋細胞シートの移植も計画しているとのことです。

 患者がどの程度の失明度合いだったのか解かりませんが見えないものが見えたとなると凄いことですね。宗教などでは信心したら治るなどといかがわしい宣伝もありますが、これは本物のようです。拒絶反応は数年たってから出ることもありますから様子を観察しなくてはなりませんが技術が確立したら素晴らしいです。高額で一部の人しか恩恵を受けないような癌の治療薬よりも価値のあるノーベル医学賞だと思います。
元記事:TBSニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

IPS細胞とはすごいものなのですね。
今まで見えていたものが全く見えなくなるのは
想像を絶するほど辛い重いだったと思いますが
また見えるようになって本当に良かったと思います。
人間の寿命をいたずらに伸ばして100歳、200歳にするような医療より
こうした医療はよほど価値がありますね。
2019.09.18 06:53 | URL | kaz #gp9tOLgg [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私もそう思います。やみくもに寿命を延ばすよりも
健康寿命を延ばすようにした方がいいと思います。
人生の喜びというのは健康寿命が終わったときに終わって
しまうと思いますので。

愛新覚羅
2019.09.18 07:25 | URL | aishinkakura #- [edit]
臨床がはじまってくるんですね。身近な技術になることを祈ります。
2019.09.18 07:34 | URL | TORU #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

情報の発表の段階が速すぎるきらいがありますね。
まだ臨床例がすくなすぎると思います。
臨床例を数多くやって成功率が上がってからでも
いいのではないかと思います。

愛新覚羅
2019.09.18 07:52 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2669-ed03a594