FC2ブログ

山下埠頭でF-1開催の可能性が?

Posted by aishinkakura on 03.2019 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
山下埠頭 8月22日、横浜市へのカジノ誘致を正式表明した林文子市長に対し、ハマのドン”こと藤木幸夫氏が仰天プランを打ち出しました。山下埠頭でF1を開催しよう、というのです。夢物語のように聞こえますが、側近の水上氏は、計画は極めて具体的に進んでいると説明します。

「F1を主催する国際自動車連盟の幹部が来た2週間後には、コースデザインの責任者が二人来日し、山下埠頭を視察しました。詳細な地図を持ち帰って検討を重ね、2週間後、再び来日。そのときには具体的にコースをデザインした図面まで持ってきました」とのことです。

 そのコース案が上の写真だそうです。全長は約4km。実現すれば、F−1マシンがこのコースを約75周することになります。
「国際自動車連盟の幹部によれば、首都圏の横浜でF1をやれば、一開催につき700億円の売り上げが見込めるそうです。同じ市街地コースであるシンガポールが450億円ですから、彼らがどれだけ山下埠頭に魅力を感じているかがわかります。横浜市が許可さえ出せば、私たちなら3年以内に必ずF1開催を実現できる。カジノなんか作らなくても、横浜を世界に誇る観光都市にできるんです」と言っています。
 写真を見ると直角のコーナーがいくつもあり、今は開催されていないアメリカGPのデトロイト市街地コースを思い出させます。このコースならスリリングなレースを観ることができるでしょう。観客席をどうするか、騒音対策をどうするかなどの問題をクリアーしなければなりませんがワクワクしてしまいます。
元記事:フライデーデジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2684-d00dceaf