FC2ブログ

預金したら手数料を取られる?

Posted by aishinkakura on 11.2019 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
 bank手数料 銀行にお金を預けると、(最近は超低金利ですずめの涙の金額とはいえ)利息が付くのが当たり前――そんな常識が覆る日が近づいているのかもしれません。日本銀行の超低金利政策で、銀行はお金を貸しても収益を上げられない状況が続いています。預金を持つコストがかさむため、利息を払うどころか、逆に「口座維持手数料」を預金者から徴収するのでは、との観測が出ています。導入は預金者の反発は避けられそうもありませんが、日銀の追加緩和でさらに金利が下がり、銀行の経営が悪化すれば、そんな話も現実味を帯びてきそうです。
 口座維持手数料は、銀行が預金者から預金の「保管料」を徴収するイメージです。国内銀行の場合、データ管理や通帳の印紙税などで、一つの預金口座あたりで年間2千~3千円のコストがかかるとされています。収益が厳しい中、この一部を預金者にも負担してもらえないか、というのが銀行側の言い分だそうです。

 大手行に比べて経営体力が劣る地方銀行の関係者からも、「マイナス金利を深掘りするなら、日銀には利用者に(預金コストを)転嫁できるように言ってほしい」との声が漏れるようになっています。かりに大手行が手数料導入を決めれば「地銀も一斉に入れるだろう」との見方があります。
 私などあまり資産がありませんがこれは困ります。金額の多少にかかわらず手数料はかかるのでしょうから金額単位ではなく口座単位になる可能性があります。今4行に分散していますがそれを1行に集約するなどしなくてはならないかも知れません。ペイオフのこともあるし困ったものです。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

預金したら手数料を取られる時代が、将来くるかもしれないな~と、なんとな~く思っていましたが、現実になりそうとは、びっくり!仕方がないのかもしれませんが、困ります。時代は変わっていくのですね。対応できそうにないアタシ・・・(´・ω・`)
2019.11.11 18:44 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

資本主義の世における銀行の役目とは市民からお金を集め
それを企業に投資したり運用することによって利益を出し
お金を出した市民に利息でむくいることだった筈です。
これが出来ないのであればもう銀行は要りませんね。
ただの貸し金庫業です。

愛新覚羅
2019.11.11 18:53 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2723-ddbdb259