阿部 寛のホームページ

Posted by aishinkakura on 30.2019 INTERNET 関係 4 comments 0 trackback
abe_home.jpg
 
 阿部寛さんといえば長身でハンサムで格好いい俳優さんですよね。しかもとぼけた役も出来きて私も大ファンです。
その阿部さんのホームページというのは昔から知っています。なぜかというと8年ほど前にWebデザインスクールに通っていたことがあり、その講師の方が悪いホームページの見本のように言っていたからです。1990年代の終わりの頃にホームページの黎明期がありましたが、その黎明期のまま、いわゆるシーラカンス的な存在だと言われていました。今見てもそのままです。
 ホームページはHTML(HyperText Markup Language)の書式で記載します。そしてそれをCSS (Cascading Style Sheets) を使ってデザイン的に完成させていきます。黎明期はCSSを使っていませんでした。
 例えばリンクを貼っている個所はデフォルトでは青い文字になりアンダーラインが付きます、一度クリックすると小豆色になります。その上にマススポインターを持っていっても指のマークが出るだけです。今ではこの辺をCSSでお洒落に変えているのが常識です。
 Tableと言って表組みの書式についてもデフォルトの二重線のままです。画像も本人の写真がトップページに1枚あるだけです。いかにも古いという感じがします。
 でもここまでくるとかえってそれが新鮮に思えてきます。しかも作りが軽いので軽快に操作できます。もしかしたら全てわかった上でわざとレトロ感を出すためにやっているのではないかと思ってしまいます。なにせ俳優さんですからそのくらいの演出はするのでしょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

WikiPediaにても書かれていますが、話題のサイトは
「元々ファンサイトだったものを茂田オフィスの協力と承認を得て公式サイトにしたもの」とのことです。
また、当該サイト内の「管理者のページ」として
>>情報等については、所属事務所の協力と承認を得て作成しています。
>>写真の無断転載は禁止いたします。

また、彼の所属事務所である茂田オフィスについてもWikiPediaによれば
>>※会社本体の公式サイトは存在しない。なお下記は、茂田オフィスの協力と承認を得て作成したと名乗るサイトである。
>>阿部寛のホームページ

とのことで、他に「名取裕子のホームページ」「筒井真理子オフィシャルホームページ」という、「阿部寛のホームページ」と同様に誠に小ざっぱりとしたサイトが紹介されています。

このことから、単なるファンが作っているとサイトいう認識です。
2019.11.30 10:40 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。


良く調べて下さいましたね。ファンが作っているのですか。
それにしても最近はレスポンジブルデザインの時代ですのに
いかにも古臭いです。
でも黎明期を知らない人が見たら簡素で新鮮に映るかも
知れませんね。

愛新覚羅
2019.11.30 10:48 | URL | aishinkakura #- [edit]
簡素で こざっぱりしていて見易いですが、
オシャレ感はないですね。

ローマのお風呂の映画 大好きです。
2019.11.30 20:27 | URL | おこちゃん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

こっざっぱりという見方もありますね。

映画はテルマエ・ロマエですね。面白い映画です。
仲間由紀恵とのコンビで出ていたトリックもとぼけた
味を出していて良かったです。今は結婚できない男ですね。

愛新覚羅
2019.11.30 21:19 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2725-6e2d823b