FC2ブログ

老後レス時代がやってくる 避けられない生活問題

Posted by aishinkakura on 20.2019 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
2100年までの予測人口推移 高齢になっても働くのが当たり前――。そんな時代の足音がひたひたと聞こえます。年金や貯蓄だけで足りるのか。人生終盤への不安が足元に忍び寄る今、働き続けるお年寄りは珍しくありません。国全体を眺めても、人口減少による現役世代の激減を前に、政府は「一億総活躍」という言葉で高齢層を労働力に繰り入れようとしています。私たちの人生から「老後」という時間が消えていくのでしょうか。

 「数十年先の老後のことを思うと怖くてたまらない。のたれ死ぬしかないんでしょうか……」
 引きこもり経験のある30代の女性は、そう語っています。
 「年金だけでは施設に入ることも不可能。自分は孤独死するだろう」「安楽死施設を開設して欲しい」
 30代後半から40代前半の非正規雇用につく単身女性たちを対象にした調査では、老後について、こんな回答が寄せられました。

 老後が怖い。
 喜ぶべきことであるはずの長寿化が不安をもたらし、人生最大のリスクとなる。そんな社会に私たちは生きています。国民生活基礎調査によると、現在でも全世帯中、年収300万円未満が全体の3分の1を占めているそうです。また、国民の9割近くが「老後に不安」を感じているという調査結果もあります。
 政府は年金だけでは生活できないので老後資金の2千万円は最低限用意しなさいと言っていますが。お金を溜める余裕もないというのが現状のようです。
 我々団塊の世代は人数が多かったので常に競争しながら生きてきました。なんと不運な時代に生まれてしまったのだろうと思ったこともありました。しかしなんとか退職金ももらえましたし。少ないですが年金ももらえています。贅沢は出来ませんがなんとか生活は出来ています。文句を言っていたらいけませんね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.11.20 05:34 | | # [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

やはり1人だと老後が心配ですね。
確定申告のときに寡婦や寡夫を記入するところがあります。
寡婦の場合はまだ救いがありますが寡夫には何の特点もありません。
だったら書かせなければいいのにといつも思います。
子供がいないのは若い頃は面倒がなくていいなと思っていましたが
老後やお墓のことを思う年齢になると困りごとになってしまいます。

愛新覚羅
2019.11.20 06:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
我々の親の世代の年金は金額が随分と多く恵まれていたようですが
私達の年金額は毎年減額されているような気がします。
贅沢を言えばキリがありませんが、これから貰う人はもっと大変かもしれません。
せいぜい長生きして現役時代に納めた分を取り返すしかありませんね。(笑)
職場で若い人たちといると気持ちが若返るので、あと一年ほどは頑張りたいです。
2019.11.20 07:15 | URL | kaz #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.11.20 07:42 | | # [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

退職後も少し働く期間があり、奥様も健在でお子様もいる。
Kaz様こそが理想の老後生活といえるのでしょうね。
趣味も多彩ですし羨ましい限りです。

愛新覚羅
2019.11.20 07:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
励ましていただきありがとう御座います。

今までの検査結果は12勝2敗ですから勝率85%くらい
あります。
ですからセーフの確率が高いのですがそれでもやはり心配です。

愛新覚羅
2019.11.20 07:53 | URL | aishinkakura #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.11.20 13:17 | | # [edit]
一緒に喜んでいただき恐縮です。
この気持は当事者でないとわからないでしょうね。

愛新覚羅
2019.11.20 14:42 | URL | aishinkakura #- [edit]
私の世代は、年金だけでは食べていけない人がほとんどでしょう。一生、働かないと・・・。家の補修などにもお金がかかるし、もう少し稼げるパートを探そうかと思っています。でも、雇ってくれるところがあるのか・・?
なんとかなるといいけれど~~~(@_@)
2019.11.20 17:41 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

きたあかり様のところはご主人も元気ですし二人で年金を受ければ
暮らしていけると思いますよ。年金事務所に行って試算してもらう
と良いと思います。
勿論質素な暮らしに慣らしていくことも必要です。
どこにも出かけないと意外とお金を使いません。

愛新覚羅
2019.11.20 19:14 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2732-d292b5f4