信じられない看板

Posted by aishinkakura on 23.2019 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
taima_kanban.jpg 観光名所も多い栃木県那須町で車を走らせていると「生産地直送! 大麻有ります」と目を疑うような看板が目に入ってくるところがあるそうです。近くには、玄関に「大麻博物館」と書かれたログハウス。ひょっとして、かなり「ヤバイ」場所なのでしょうか。
 違います。誤解されがちですが、大麻という言葉は本来、衣服や漁網などに使われる「麻」を指します。麻の中でも日本の在来種を「大麻」と呼び、縄文時代から生活に根付いてきました。神事との関わりも深く、おはらいの串は大麻と書いて「おおぬさ」といい、中心には大麻の繊維が結んであります。日本人の生活や文化に欠かせない存在でしたが、海外からマリフアナが流入して、誤ったイメージが広まったのがといいます。

 それはそうですよね。確かに麻とは繊維が丈夫な植物ですが大麻と聞けばだれでも麻薬の方かと思ってしまうのが自然だと思います。この施設は高安さんという方が経営されているそうですが、まともにとってくれる方は少ないでしょうね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

確かに「大麻」と書くと誤解を招く要素がありますね。
誤解の大元は「大麻取締法」なんて法律のネーミングに付けられたためでは?
昭和40年代のヤクザ映画では、マリファナが有名で、ハシシなんて呼ぶと通だとか聞きました。
いずれにしても煙草と同じで、確たる根拠も無しで取り締まっていると見ます。
吸いたい者には吸わせれば良かろうと思います...私は根性が無いので吸いません
2019.11.23 20:19 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

もはや芸能人には一種のステータスみたいなものなのでしょうね。
私も大学時代に友人から入手したマリファナタバコを吸ったことが
ありました。そしてそれを自慢していました。馬鹿ですね。(笑)

愛新覚羅
2019.11.23 20:49 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2735-b4e3759c