FC2ブログ

この人知っていますか?

Posted by aishinkakura on 20.2020 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
norton.jpg 「ノートンセキュリティ」はシマンテックがリリースするセキュリティスイートで、特に「ノートン アンチウイルス」は30年もの歴史を誇る老舗のアンチウイルスソフトとして知られています。ノートンシリーズのパッケージには、かつてメガネをかけたドクター風の男性の写真が掲載されており、その風貌からソフトと共に「ノートン先生(Doctor Norton)」という愛称で親しまれていました。しかし、2001年を境にメガネの男性はパッケージから姿を消してしまいました。技術系ブログのTechnologizerが、ノートン先生と呼ばれた男性について解説しています。

 パッケージに写っている男性の正体はピーター・ノートン氏です。ノートン氏はピーター・ノートン・コンピューティングというソフトウェア企業を立ち上げ、1981年に発表されたIBM PC向けのユーティリティソフト「ノートン・ユーティリティーズ」を開発し、大成功を収めた人物です。ノートン氏はIBM PC向けプログラミングの教科書も出版しており、この本の表紙で既にノートン氏はおなじみの腕組みポーズを披露しています。

 ピーター・ノートン・コンピューティングは1990年におよそ7000万ドル(当時のレートで約90億円)でシマンテックに売却され、ノートン氏はノートン・ユーティリティーズの開発から離れました。しかし、その後もノートン氏は「PCメンテナンスの生きたシンボル」として注目を集め、自身の名を冠するソフトのパッケージに写るのが定番となりました。
 しかし2001年以降、シマンテックはノートンシリーズのパッケージにノートン氏の肖像を載せなくなりました。ノートン氏に高額のギャランティを支払うのを止めたからと言われています。
 ノートン氏はシマンテックにピーター・ノートン・コンピューティングを売却した後、ソフトウェア業界からは引退し、ソフトウェア開発者としては公に出ていません。ノートン氏は会社を売却した資金で財団法人を設立し、慈善活動を行いながら、現代美術専門の美術商・コレクターとして活躍しているそうです。
 この人を見ると安心感がありますよね。私も昔は良く使っていました。
元記事:gigazine.net




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

「ノートンセキュリティ」、私も以前使っていましたが、ノートン先生は昔も今も同じとばかり思い込んでいました。
もっとも、女性ならともかく、男性の、それもインストール時しか箱を見ませんからあやふやですね。
1年ほど前にSSL認定局絡みでFirefoxやChromeと揉めていましたね。私的にはシマンテックと言えば神様的に見ていてので、とっても意外に思った記憶があります。
また脆弱性が見つかったとか、トレンドマイクロといい、なかなか安心できませんね
2020.02.20 15:40 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

昔からWindowsには色々なセキュリティーソフトがありましたが
Macではノートンが代表でした。
この人の顔はインストール時はもちろんですが電気屋さんの
パソコンソフト売り場で良くご覧になったと思います。
選挙ポスターのように沢山並んでいましたから印象が強いです。

愛新覚羅
2020.02.20 19:07 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2795-ed4852bc