仏壇終い

Posted by aishinkakura on 03.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
仏壇終い 実家をたたむ時や引っ越しの時に悩むのが仏壇の扱いです。毎日、手を合わせる人がいる一方、継承者がいない、置く場所がないという理由で「仏壇じまい」を選択する人もいます。住宅事情やライフスタイルが変化した今、故人と向き合う形は多様になっているようです。
 「仏壇供養会(くようえ)」というのをやっているお寺もあるそうです。位牌や仏壇を法要後、おたきあげということで燃やすそうです。
 住宅事情によって大きな仏壇を小さな仏壇に買い替えた場合なども仏具店が引き取ってくれる場合はいいのですが、そうでない場合はゴミ焼却場に持っていく訳にも行かず困ってしまいます。
 
 墓終いというのは私のブログでも何回か書きましたが仏壇も何とかしないといけないのですね。私は遺言状やお墓の件など、もう終活は終わったと思っていましたが、まだ仏壇が残っていました。これから考えないと。
スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

私は、老人ホーム行きの引越しの際、処分する家具として運送屋に依頼するつもりです。淡々と
2020.02.03 10:49 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

老人ホームと言っても呑兵衛あな様の場合は奥様が
いますよね。まだかなり先の話でしょう。

愛新覚羅
2020.02.03 10:55 | URL | aishinkakura #- [edit]
夫の実家の仏壇は、とっても大きいです。田舎なので、それが当たり前なのでしょうが、畳半畳はあります。それに、付随する花瓶、専用の座布団など入れると、ゆうに一畳は必要になります。今の住宅では、とても置けません。いずれは、仏壇終いということになるでしょう。お金かかりそう。どうなることやら。
2020.02.03 18:15 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうなんですよね。地方によっては大きくて金ピカです。
たしか名古屋とか金沢でしょうか。
我が家でも以前戸建てからマンションにしたときに小さくしたのですが
それでもやはり場所をとっています。
さてどうするか。

愛新覚羅
2020.02.03 18:47 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2808-b256e9c5