FC2ブログ

iMacの開腹手術

Posted by aishinkakura on 10.2020 パソコン関係 2 comments 0 trackback
ピザカッター 昨年7月にiMacを新型に買い替えました。貧乏人なので最低スペックのものです。それでもHDDは遅くて不満なのでSSDを外付けにしてそこから起動させていました。なぜ内蔵しなかったかというとiMacは2016年製から簡単に内部にアクセス出来なくなってしまっているのです。それを承知で購入しました。メーカー保証のある1年間は開腹せず大人しくしていようと思ったからです。
 でもスペックアップさせたいのは人情です。メモリーアップはロジックボードまで全て分解しないとアクセスできないのでかなり難易度が高いです。そこで今回はその予行演習ということで外付けにしているSSDを内蔵のHDDと交換することだけにしました。


持ち上げ 始めはピザカッターのような専門工具でディスプレーと本体を分離させます。下手をするとコードを切ってしまったりするらしいので用心深く少しづつカットしていきました。4面のカットが終わったら本体とディスプレイをつないでいる2本のコードを外し、ディスプレーをはがします。




HDD.png そしてHDDの周りのT10ネジを外して交換と思ったら外せません。隣のスピーカーの音道を外さないとSATAの接合部分が出てこないのです。外し始めたら位置によってネジの長さが違っているので組み直すときに分からなくなりそうです。紙に内部をスケッチしてその場所に外したネジを置くようにしました。





接続コード そんなこんなで交換が終わり組み直しましたがディスプレーを両面テープで張り付けながら内部結線をするのが一人では大変でした。
 一応作業を終了し、外した1TBのHDDをSSDからコピーして予備ディスクを作りました。数か月経ったらメモリーの増設をやろうと思っています。ネジだけでも数10本外さなくてはならないし、コード結線も10本以上ありますので元通りに出来るか不安です。もう開腹してしまっているのでメーカー保証もありません。落ち着いて計画を立てて失敗しないように行いたいと思っています。
注)写真は全てひと様の流用です。とても写しながら作業する余裕はありませんでした。(笑)



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

おお、ついに改造に着手ですね!
以前の機種ではLCDパネルは磁石で固定されていましたが
新しいiMACは両面テープですか、それは剥がすのに手間がかかりますね。
コネクタの着脱で壊してしまうことが多いので、その点だけ気をつければ大丈夫だと思います。
SSD内蔵にすると外観もスッキリとしますし、結果報告をお待ちしています。
2020.02.10 07:49 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

元に戻るのかハラハラでした。以前のタイプも磁力が強くて
ネジやドライバーが吸い付けられて作業がしにくかったですね。
薄型は薄いスポンジの両面テープで貼り付けてあります。
はがすというよりカットしていく感じです。
いつもYouTubeを参考にしてやるのですが国内の人でアップして
いる人がいませんでした。
仕方がないので海外の人の動画を観てそれを参考にして行いました。
メモリーはロジックボードの裏にありますのでほとんどの部品
を外さないとなりません。正直言って怖いです。(笑)

愛新覚羅
2020.02.10 08:04 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2815-98148143