FC2ブログ

青空のような照明

Posted by aishinkakura on 09.2020 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
misora.png 三菱電機は2月4日、青空のように自然な光を生み出せる室内照明「misola」(みそら)を10月に発売すると発表しました。LEDを搭載したフレームと薄型パネルを組み合わせた構造で、オフィス、病院、福祉施設などでの利用を見込むそうです。
 昼間の空が青く見える現象「レイリー散乱」を人工的に再現する仕組みを採用。フレームから発せられたLED光がパネルに当たると、パネルが光散乱体となり、波長の長い赤い光よりも、波長の短い青い光を周囲に強く放出する。これにより、青空に近い自然な光を生み出すといいます。

 四角形のフレームのうち一辺を、発光させず影のような状態にすることで、室内に太陽光が差し込んでいるような演出も行えるとのこと。LEDの発光量を調整することで、朝焼けや夕焼けも表現できるそうです。
 こうした機能を備えつつも、一般的な照明器具と同等の明るさを確保しており、室内の快適性を高められるとしています。

 価格は、発光量を専用リモコンで切り替えるタイプが68万円、専用機器が自動調整するタイプが75万円(ともに税別)。いずれも照明の厚さは120ミリで、施工も容易だといいます。
 これとは違いますが私がお世話になっている国立がん研究センター東病院でもCT検査の待合室が昨年工事され天井が青空になりました。清々しくていい気分でした。やっぱり病院は明るい方がいいですよね。
元記事:itmedia.co.jp
 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

青空は良いです。昨日、お天気が良く、空が青く晴れていて、新幹線の中から眺めていました。気持ちが明るくなりますね。お値段高くて無理だけど、我が家にもその照明欲しいなあ。我が家のリビングから見えるのは、ほとんど隣の家の壁なのです!笑
2020.02.09 17:35 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

本当は雨なのにあまりにも晴天だと嘘っぽくなりますが
気分はいいですよね。外にでなければいいのですから。
がんの病院の待合室はなかなかいいですよ。
このように本格的ではありませんが。

愛新覚羅
2020.02.09 19:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

そちらの がんセンターは、CT検査の待合室、
青空が見えるのですか?

新鮮!!

今度ぜひ、写真撮っていらして
見せて下さい。<(_ _)>
2020.02.09 20:54 | URL | パープル #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

了解いたしました。結果を聞くときではありませんので
ちゃんと覚えていられるかと思います。

愛新覚羅
2020.02.09 20:57 | URL | aishinkakura #- [edit]
色もやはり自然が一番、というのは面白いです。
自然が一番いいという感覚は、それに慣れているせいでしょうか。
自然はいつも最善のものを提供しているからでしょうか。
病室は殺風景なせいもあり、蛍光灯だと余計さみしい感じがしますね。
蛍光灯は肌の色も青緑系になるので、ちょっと不健康に見えますが、
青空ならスカッとして大いに気分が良くなりそうです。

ただ、我が家では、白熱電球からLED電球に変えたとき、
真っ白な昼光色のLED電球は明るすぎてイヤだと言われたので、
白熱電球っぽい赤系の光を発するLEDに取り換えたことがあります。
夜の居間は、タングステン電球の赤っぽい照明のほうが落ち着きます。
これまた「慣れ」のせいでしょうか。
2020.02.10 08:26 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

言われるように照明とは難しいものですね。
照明によって気分が変わります。
我が家はまだLED化していないのです。
切れたときを狙って交換しようと思っているのですが
こういうときに限って長持ちしています。(笑)

愛新覚羅
2020.02.10 08:41 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2829-fae957c3