カメラ画像で容疑者特定、検挙の1割に

Posted by aishinkakura on 26.2020 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
bouhancamera.jpg  全国の警察が2019年に逮捕などして検挙した刑法犯19万1191件のうち、防犯カメラなどの「画像」が容疑者特定の主なきっかけになったのは10・2%だったことが警察庁のまとめでわかりました。
 この割合は年々増えています。防犯カメラのほか、ドライブレコーダーなども含まれますが、16年5・9%、17年7・8%、18年9・0%と推移してきています。

 昨年の事件の容疑者特定の主なきっかけは、職務質問が3万1635件(16・5%)、次いでカメラ画像の1万9563件(10・2%)が多く、参考人の取り調べ1万2918件(6・8%)と続いています。

 昨年の検挙では、カメラ画像が、ひったくりの33・1%、すりの20・9%、侵入盗の19・3%、強制わいせつの17・2%、強盗の15・2%、殺人では3・8%で容疑者特定につながっています。
 警察庁によると、警察が設置した街頭防犯カメラは18年度末現在、30都道府県に1912台あり、10年間で約4倍に増えました。住宅や店舗、駅などに設置されている民間のカメラの数は不明ですが、数百万台にのぼるとみられています。一方画像に頼り過ぎての誤認逮捕もあるようですので注意が必要です。

 私も事故の場合の証拠用に最近ドライブレコーダーをつけましたが証拠として利用する機会がないことを祈ります。
元記事:朝日新聞デジタル
スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

とくに悪質なひき逃げ犯の検挙に活用してほしいですね
ドライブレコーダーの普及も見逃せませんね
こういう風潮も防犯につながるのでいいことだと思います!
2020.04.26 13:42 | URL | かのぼん #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

最近はテレビのニュースでも防犯カメラ映像がよく使われていますね。
テレビでははっきりしていませんが実物はもう少し画質がいいのでは
ないかと思います。
私のドライブレコーダー画像も事件に役立つことがあるのなら提供
したいと思います。

愛新覚羅
2020.04.26 18:56 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2839-ebbf9e6c