FC2ブログ

おサイフマイルサービス

Posted by aishinkakura on 19.2020 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
おさいふケータイ PayPay、メルペイといったコード決済の勢力が強まるなか、「おサイフケータイ」各社が生き残りをかけて手を組みました。
枠組みに加わるのは、ソニーが開発したICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を採用する、プリペイド型電子マネー4種。新たなタッグは、どんな変化を及ぼすのでしょうか。
新サービス「おサイフマイル」は2020年4月から6月まで、最大1万人を対象に実証実験する予定で、2月12日から応募を受け付けています。協業を主導するのは、フェリカネットワークス。ソニー子会社が51%、NTTドコモが34%、JR東日本が15%を出資する企業です。

 対象となるのは楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの4種。キャンペーン特設サイトによると、利用額と種別の数に応じて「マイル」がたまり、月々の上位獲得者にはボーナスマイルも付与されます。たまったマイルは電子マネーやポイントに交換できるほか、マイルが当たるくじも引けるとしています。

 還元率は現時点で公表されていませんが、日本経済新聞によると、電子マネーへの交換は0.1%からで、原資はフェリカ社が負担するといいます。「1000円で1円」をどう見るか。利用頻度や額によって評価は割れそうです。
では、おサイフマイルは、「○○Pay」に対抗する起爆剤になるのでしょうか。還元率や利便性、対象機種......と、ここまで見てきた限りだと、まだ優位性を見出すのは難しそうです。実証実験が終了する6月には、政府主導のキャッシュレス還元事業も終わります。本格サービス開始時に、どんなインパクトを打ち出せるかでしょうね。○○Payは〇〇億円規模のキャンペーンを打ってきていますので今の計画では地味過ぎるのではないかと思います。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2853-8164f10d