美しすぎるマンホールフタ

Posted by aishinkakura on 24.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
デザインマンホール 熊本県水俣市の歩道に漫画家・イラストレーターの江口寿史さんがデザインしたマンホールのふたが設置されています。その出来栄えに、思わずよけて通る人もいるようです。
 江口さんは同市出身。「ストップ!!ひばりくん!」「すすめ!!パイレーツ」などの作品で知られ、イラストレーターとしても高い評価を受けています。

 マンホールのふた全6枚のうち4枚は3月4日、水俣市中心部の歩道にはめ込まれました。
 すでに江口さんのファンらから、設置場所などについての問い合わせが相次いでいるそうです。マンホールのことを紹介した江口さんのツイッターの投稿にも、「これ、踏み絵ですか? 私は踏めない。」といった感想が寄せられているそうです。

 水俣の「ご当地マンホール」は、市制70周年記念事業の一つとして「足を運んでもらうきっかけになれば」と市が発案。江口さんが描いた市の観光ポスターのイラストを使えないかと打診したところ、江口さんが快諾した流れだそうです。

 ところでマンホールは下水道事業や雨水対策事業をはじめ、農業用水事業、電話線・光ファイバー・ガスなど色々な用途で設置されていますが、このデザインマンホールは何の用途なのでしょうね。
元記事:朝日新聞デジタル
 




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

マンホール蓋の写真を撮りためている身としては、これは見たい!写真に撮りたい、ですね。
2020.03.24 20:41 | URL | TORU #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

TORU様もマニアでしたか。実は長野県のブロガー様で大変なマニア
な方がいらっしゃいます。その方のブログで様々なマンホールフタ
について知ることが出来ました。

愛新覚羅
2020.03.25 06:34 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅 様
こんばんは、

私見ですが
最近のマンホールは見てもらうための一品ものが多くなっています、

長野県下にもあります、
「北斗の拳」のケンシロウなどがデザインされたものが北陸新幹線「佐久平駅」前にあります。
残念ながらまだ現物を見ていません。

一品ものの設置場所のほとんどは駅前広場、役所付近や下水道施設内が多いようです。

マンホール本来の使用目的に観光集客という項目が加わったようですね、
マンホールカードも発行され、
しかも無料で配られたそのカードがフリマ市場で売買されているとか・・・。

この数年でマンホール蓋の関心が高まりましたね、
このブームは一過性なのか定着するのか興味深いものがあります。

気まぐれおやじ
2020.03.25 20:47 | URL | 気まぐれおやじ #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

マンホール蓋の大御所登場ですね。私は全く興味がなかったの
ですが気まぐれおやじ様のブログで勉強させていただきました。
なるほど一品ものというのですね。
本来の目的からは離れてきている感じも否めませんね。

愛新覚羅
2020.03.25 21:35 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2858-d12410a6