どうする?株主総会

Posted by aishinkakura on 14.2020 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
コロナと総会 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなか、3月期決算企業が株主総会の開催を巡り、困惑しているそうです。選択肢は(1)通常通り開催(2)7月以降への延期(3)インターネットで配信し、議決権を行使する――があげられています。


 3月期決算企業は定款で6月に株主総会を開くことが定められています。
総会の規模を縮小し、短時間で済ませて濃厚接触の機会を減らすのが重要ですね。当日は議事を短くするほか、事前の議決権行使を呼びかけ、会場は席の間隔を広げて対応する必要があります。12月期決算企業でこの方式を採用したのが、花王だそうです。専門家は総会を平穏に開くためには、体温が平熱以上で体調に懸念がありそうな株主に対して、コロナウイルスの感染者であることが確認できなくても入場を断ることができるとみているようです。

 会社法など現行のルールでは、株主総会を開くには場所を定めなければならないと決められています。ネット配信のみの総会は「総会決議の不存在」を訴えられるリスクがあります。さてどうしたら良いでしょうか。
 私は現役時代の晩年は総会の開催も仕事のひとつでしたがリタイヤしていて良かったと思います。今担当している人はたまったものではないでしょうね。オリンピックなら1年延期もありでしょうが総会は各年度のことですからそれも出来ません。会場を押さえるのも一苦労なのにそれをキャンセルしてまた押さえなおすなんて大変です。ネット開催の場合、定款は特例とするとしても法律は変えられません。会社法の特例を適用してもらうしかないでしょうね。
法務省がネットで対策を掲示していますが、ネット総会にはふれていません。

スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そうなんですよねー。株主総会、大変そうです。
2020.04.14 22:51 | URL | TORU #- [edit]
TORU様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

税金の徴取も総会が終わっていることが前提になりますから
総会が出来ないと国税としても困る訳です。
国のことですから自分の都合の悪いことには法を緩める
でしょうね。

愛新覚羅

2020.04.15 06:57 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2879-a3cb4fd7