法律が大事?命が大事?

Posted by aishinkakura on 17.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
アルコール除菌剤 新型コロナウイルスの感染拡大で、アルコール消毒液が不足していることを受けて、厚生労働省は、アルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決めました。

 アルコール消毒液は、供給が追いつかず、各地の医療機関や高齢者施設から対策を求める声が出ています。
 これを受けて厚生労働省は、やむをえない場合にかぎり、酒造メーカーがつくるアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決め、全国の医療機関などに通知しました。

 具体的には、アルコール濃度が70%から83%の酒を対象とし、これより濃度が高い酒は、殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めています。この濃度に該当する酒はウォッカなどで、酒造メーカーでは、消毒液の代わりとして使用することを想定した製品の製造も始まっているということです。サントりーや宝酒造が協力することも発表されています。
 厚生労働省は「主に医療機関での消毒液の不足を解消するための特例措置であり、一般の家庭では、引き続き、手洗いの励行を続けてもらいたい」と話しています。

 消毒用のアルコールの方がどう考えても酒より簡単にしかも安く作れるだろう?この矛盾は何?と思っていたら新聞に書いてありました。数量は忘れましたが高濃度アルコールは消防法で製造しても良いという量の制限があるそうです。それを越えてしまうので製造出来ないとのこと。こんな馬鹿なことがあるのでしょうか?人の命がかかっているのです。
 国会はどうでもいい議案の審議なんかよりこの法律の緩和を即時行うべきでしょう。国会は議員の人数ばかり多くて役にたっていませんね。議員数を半分に減らして、その議員費もコロナ対策に回しましょう。
元記事:NHKニュース
スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

以前買ったエタノールは、500ml瓶で1200円位でしたが、
今は8000円ぐらいして、しかもamazonでは品切れ状態です。
酒造メーカーがアルコールを作るのは簡単なんでしょうかね。
酵母を使って酒を作るのと同じ方法では時間が掛かるでしょうから、
他の方法で作るのかもしれませんが。

しかし1か月間の自粛をしても完全撲滅するわけじゃないので、
その後はまたぶり返すような気がします。
最近は想定外のことがよく起きますね。
法律もこまかな規則が多くてちょっと驚きます。
2020.04.17 07:03 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

簡単に法律を緩めるということは不正や犯罪にも結び付く
ので難しいのでしょうが、命にかかわるようなことで不都合
があればすぐに対応しなければいけませんよね。
医療現場でさえもマスクや防護服がないと問題になっています。
製造はしていますのでどこかにあるはずなのですが。
政府の指導力のなさ迅速性のなさにはあきれます。

愛新覚羅
2020.04.17 07:28 | URL | aishinkakura #- [edit]
アルコール製造に限らずいろいろな法律で網がかかって不自由なことです。
社会の実情や技術の進歩に伴って随時見直しをかけるのが妥当なんでしょうが 
そんな気配はありませんね。

タケダ薬品のオスバンラビングA400ml、とオスバンS600mlが
スーパー内の薬屋においてあったと妻が買ってきました。
岩手がコロナ発生ゼロのせいでしょうか、それぞれ1400円、1000円弱だったそうです。
日々消毒が必要なんて、SF映画のような世界になってしまいましたね。
2020.04.17 08:35 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

まだ岩手地区は余裕があるみたいですね。
どうも政府のやっていることは合点がいきません。
外国で良い例が沢山あるのに(台湾やニュージーランドなど)
全て手遅れではがゆいです。
SF映画のうちはまだいいのですが、そのうちホラー映画に
なってくるような気もします。

愛新覚羅
2020.04.17 08:44 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2897-cb771150