糖尿病薬に発がん物質

Posted by aishinkakura on 31.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
発がん糖尿病薬 糖尿病の治療薬「メトホルミン製剤」に、基準を超える発がん性物質が含まれていたとして、製造した会社が自主回収を発表しました。
 「メトホルミン製剤」は2型糖尿病の処方薬として知られ、日本ではあわせて15社が製造しています。このうち日本ジェネリックが製造する「メトホルミン塩酸塩錠」と大日本住友製薬が製造する「メトグルコ錠」の2製品で、基準を超える発がん性物質が含まれていたとして自主回収されることが発表されました。回収の対象になっているのはいずれも2017年から2019年に製造されたもので、全国の病院や薬局などに納入されていました。

 発がん性物質は錠剤と錠剤を包むシートに印字された文字の物質が相互作用して作られたとみられますが、重篤な健康被害は報告されていないということです。
 私も糖尿病の治療薬を服用していますが上記とは関係ありませんでした。それにすでにがん患者ですし。(笑)
元記事:TBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

発がん物質とは穏やかではありませんね。
糖尿病予備軍なので服薬までは至っていませんが
どれだけ健康に影響がでるか別にして回収してくれてありがたいことです。
中国だったら頬かむりの知らん顔でしょうね。
それにしても錠剤とパッケージのインクが反応とは予測がつかなかったでしょう。
2020.07.31 07:51 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

最近は神経質になっていますが私の子供の頃は発がん
物質にあふれていました。食品に使われていた合成保存料
や着色料、甘味料などたくさんありました。
発がん物質とともに成長してきて大人になってからは
酒とタバコですから癌にならない方が不自然です。

愛新覚羅
2020.07.31 08:06 | URL | aishinkakura #- [edit]
重篤な健康被害が報告されていないとのことですが、服用されていた方はショックですよね。錠剤と錠剤を包むシートに印字された文字の物質が相互作用って、そんなことがあるんですね。恐ろしいです。しかし、なぜ発覚したのか??
2020.07.31 09:38 | URL | きたあかり #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

インクは溶剤を使います。溶剤というのは読んで字のごとく
溶かすものですから、対象物がある場合は可能性があります。
臭いだけでも危なそうだとわかりますよね。

愛新覚羅
2020.07.31 09:47 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2910-19872e9c