まだあった南軍旗

Posted by aishinkakura on 17.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
南軍旗 黒人のジョージ・フロイドさんが警官から首を圧迫されて亡くなった事件を受け、米国で過去を見直す動きが広まっています。南部ミシシッピ州議会は6月28日、南北戦争で南軍が使った旗をあしらった州旗を変える法案を可決しました。

 ミシシッピの州旗は1894年から使われ、2001年には州民投票で3分の2が継続使用を支持。南軍旗のデザインをそのまま軍旗にあしらう州旗としては最後になっていました。28日の議会では上院が37対14、下院は91対23で変更を決定。リーブス知事(共和党)も27日、法案に署名する意向を表明しているそうです。

 南北戦争時代の「負の遺産」をめぐっては、海軍が南軍旗の使用をやめる方針を明らかにしたほか、連邦議会でも、南軍の将軍の名を冠した米軍基地の名前を変える動きが出ているそうです。
 南軍旗といえば南部出身のロックバンド、レイナードスキナードがコンサート中に振り回すことで知っていました。南北戦争で負けましたが今でも人気があるのですね。150年も前のことなのに。
注)写真の旗の右上部分(青いクロスに白い星)が南軍旗です。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

歴史や古い時代へのノスタルジアだけであれば
地域の歴史としての南軍旗を残したい気持ちは分かります。
存続を支持する人たちには奴隷制度や人種差別思想などへの
共感が底にあるのでしょうから廃止するしか無いでしょうね。
KKK団など映画の世界かと思っていましたがアメリカは様々な人がいるんですね。
2020.07.17 06:08 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

アメリカは歴史の浅い国ですからノスタルジアは強いでしょうね。
歴史が浅いわりには国が広いですから東西南北で風土も文化も
違うようですね。
私は音楽的に南部のブルースやデキシーランドジャズが好きです。
南軍旗には興味はありませんが。

愛新覚羅
2020.07.17 06:55 | URL | aishinkakura #- [edit]
アメリカ南北戦争と言えば、私にとっては「風と共に去りぬ」です。小説も映画も何度も鑑賞しましたが、思わされるのは、何が善かが立場によって違うことです。歴史をふまえ、意思をもち、自己を貫く勇気を持ちたいものです。
ちなみに、スカーレット・オハラは、決して美人とは言えない、と小説冒頭で説明されていますが、世の女性たちに大いなる勇気を与えたことでしょう!
旗の話題からずれてしまいスミマセン。
2020.07.18 00:48 | URL | お名前 #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

「風とともに去りぬ」は有名な小説ですね。読書が苦手な
私は読んでいませんのでわかりませんが南北戦争時代の
アメリカが舞台なのですね。
私にとっての南北戦争は罰末に中古武器のスペンサー銃
やガトリング銃を売りつけられたことでしょうか。
アメリカにとっては絶好の不良在庫整理ができたことでしょう。

愛新覚羅
2020.07.18 06:27 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/2973-63480e96