小さな飛沫は100%近い漏れ フェースシールド

Posted by Two-Pen on 10.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
フェイスシールド 新型コロナウイルスの感染対策として、一般の人でもフェースシールドをつける人が増えてきました。マスクに比べて息苦しくなく、口元も見えるという利点がありますが、肝心の予防効果はどうなのでしょうか。

 理化学研究所や神戸大などは、世界最高レベルの性能をもつスーパーコンピューター「富岳」を使った実験結果を、8月下旬に発表しました。不織布マスクをつけた場合と、フェースシールドをつけた場合で、人の飛沫がどう広がるかをシミュレーションしました。
 不織布マスクでは、5マイクロメートル以下のエアロゾルは約3割漏れでしたが、50マイクロメートル以上の大きな飛沫は、ほぼ捕まえることができました。一方、フェースシールドでは、エアロゾルは100%近くが漏れ、50マイクロメートルの飛沫でも半分が漏れたという結果です。理研チームリーダーの坪倉誠・神戸大教授は「飛沫を飛ばさないという効果を考えると、不織布マスクに軍配があがる」と話しています。

 マスクの性能に詳しい聖路加国際大学の大西一成准教授(環境疫学)は、新型コロナの感染につながる飛沫の大きさはわかっていないとした上で、「フェースシールドで防げる飛沫は大きいものに限られるうえ、小さい飛沫はほとんどが漏れてしまう。マスクをしないでフェースシールドだけをつけるのは、十分な感染対策にはならない」と注意を促しています。

 意外な結果ですね。元々医療現場で使われているものなので飛沫に関しては、ほとんど抑えることができるのかと思っていました。見た目もSFチックですからそんなに効果のないものだとは思いませんでした。手術での血液飛散防止用なのでしょうね。
 布マスクも駄目ですし、やっぱり不織布マスクに頼るしかなさそうです。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そういう結果になりますわなぁ。横から漏れますよ。まぁとりあえずマスクをして人に移さない努力をしていますよ、というところまでですかね。
なる時にはなります。
2020.10.10 14:31 | URL | TORU #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

見かけは強固ですが隙間が沢山ありますから当然ですね。
みてくれに騙されてはいけません。

愛新覚羅
2020.10.10 19:09 | URL | aishinkakura #- [edit]
テストをするまでもなくほとんど効果が無いのは明らかですが
シュミレーションで科学的に証明されたということですね。
せいぜいくしゃみをした時に目に見えるほど大きなヨダレの水滴を防ぐ効果ぐらいでしょう。
一応はコロナ防止に対処しているぞ、というジェスチャー用の器具としか思えません。
内閣にもつけている人がいますが漢字も読めない方ですから仕方ないかもしれませんね。
2020.10.10 21:17 | URL | kaz #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

おっしゃるとおりで多分にパフォーマンスが入っているのだと思います。
それでも手話のようにどうしても口元を見せないと話が通じない場合
はこれがいいですね。
あくまでも外科医の手術用です。

愛新覚羅
2020.10.10 21:46 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3058-636d0208