意味がわかりませんでした。なんで出張?

Posted by Two-Pen on 17.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
在宅勤務で出張扱い 新型コロナウイルスへの感染防止などのために在宅勤務をしている職員に、出張関連費を出すか否か。自治体の対応が割れているということです。朝日新聞が47都道府県に尋ねたところ、在宅勤務を「出張」扱いにしているのは32都府県。このうち、千葉・愛知・島根・岡山・山口の5県は、手当も出しているとのこと。「新しい働き方」に対する行政のとまどいが浮かび上がっています。

 千葉県は、在宅勤務の職員に一律で1日300円の「旅行雑費」を支給しているそうです。コロナ禍を機に所属長が在宅勤務を指示するようになり、東京など7都府県に緊急事態宣言が出た翌日の4月8日から5月29日までをピークに、8月末までに約5800人に対し、約3万5500日分の約1千万円を払ったそうです。

 職員の服務を定めた県条例に「在宅勤務」はなく、「出勤」「出張」「休暇」のいずれかになるそうです。このため、職場を離れて働く場合、「出張」扱いになるといいます。通常の出張ではさらに交通費の実費を支払い、宿泊の場合は定額1万3100円を渡しているとのことです。
 県は300円の支給について「自宅でパソコンを使う際の通信費のほか、始業終業時などに職場と連絡をとるための電話代がかかる」と説明しています。

 在宅なのに何で出張扱い?と不思議に思ったのですが規則がないからなのですね。官庁得意の「前例がない」というやつですね。なければ早急に規則を作ればいいのに何で変なことをするのか不思議です。過去の勤務状態を調べる際に正確なことがわからなくなるのではないでしょうか。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

お役所はどこも規則一辺倒ですから民間のように臨機応変、柔軟な対応はできないようです。
かといって敢えて手間暇かけて議会に新たな条例を上程してまで変える必要性は感じていないのでしょう。
市民の立場に立って前例にとらわれない「すぐやる首長」が出てくるといいのですがねえ。
2020.10.17 08:08 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

服務規定に「在宅勤務」を追加すればいいだけなのに
何でできないのでしょうね。実際にやらせていて、少ない
ながらもお金を払っているのですから服務規程を設けない
のは違反行為であると思います。
どうしてもできないのであれば在宅勤務を中止して全員
元通りに出勤させましょう。

愛新覚羅
2020.10.17 08:18 | URL | aishinkakura #- [edit]
コロナによる在宅勤務に柔軟に対応するにはこれしかなかったんでしょうね。現実問題としてはこれが手っ取り早い方法だったのでしょうけど、意味が異なってしまいますから規定をきちっと変更していく手続きが必要でしょうね。
2020.10.17 12:30 | URL | TORU #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

取り敢えずというのも分かりますが、いつまでも
取り敢えずではいけません。キチンとすべきだと思います。

愛新覚羅
2020.10.17 12:44 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3065-f47d2055