リース代計4200万円 必要なのでしょうか?

Posted by Two-Pen on 27.2020 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
センチュリー 兵庫県知事と議長の公用車が昨年8月、トヨタ自動車の最高級車「センチュリー」に更新され、2台のリース代が7年間で約1400万円増え、約4200万円になることがわかりました。

 知事と議長の公用車を管理する県管財課によると、2012年以前はセンチュリーを使っていましたが、同8月から7年間は、環境への配慮からハイブリッド車(HV)のレクサスに切りかえました。センチュリーがHV車に改良されたため、更新期を迎えた昨年8月に車種を戻したといいます。
 レクサス時代のリース代は最初の5年間が月38万円、その後の2年間が月22万円だったため、7年間で計約2800万円。センチュリーは月50万円で、7年間で約4200万円となります。県管財課は「安全性や広い県土を移動しながら公務ができる機能性、県民の代表としての品格などを総合的に判断しました。立場や職責を鑑みて車種の決定は妥当」と説明しているそいです。
 10月7日の県議会決算特別委員会で、ひょうご県民連合の向山好一議員が「厳しい財政状況にある自治体の議長公用車としてふさわしいものか」と質問したそうです。

 まさか暴力団の最高幹部でもあるまいし、国を代表する天皇でもあるまいし。ここまで公用車を高級にする必要があるのでしょうか?レクサスでも高級過ぎると思います。せいぜいクラウン級にできないものでしょうか。人の金だと気前がいいのですね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

知事さんや議長さんが高級車に乗る時代ではないと思います。厳しい財政状態ならなおさらです。

関係ないのですが、夫が車をぶつけ、今、修理中です。15万キロも走らされ、挙句の果てにぶつけられ、我が家の車がかわいそうです。夫のことはかわいそうには思えません。全く反省してないし~。ああ、修理代に頭にきています。車両保険に入ってなかったの。き~!
2020.10.27 22:36 | URL | きたあかり #- [edit]
普通はまわりから反対されて、思いとどまるはずですが、
知事に近い人たちが意見を言えないワンマン体制なのでしょう。
こういう人は、自身が知事に向いてないことを
明瞭に表してくれたのですから、
住民がリコール運動をしてもいいぐらいです。
ともあれ、次は絶対に選挙に票を入れないことです。
それが良識ある県民の務めでしょう。
2020.10.28 06:45 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

奇遇ですね。実は先日私も自損事故をやってしまいました。
ガッカリで記事に出来ないでいますが、そのうち記事に
します。

愛新覚羅
2020.10.28 06:52 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

自分は偉いと勘違いしていますね。本来は県民の下辺で
あるはずです。もっとも国会議員は勘違いしている人
ばかりですが。
選挙のときだけ低姿勢になるのでそういうときは
センチュリーは使わないのでしょうね。

愛新覚羅
2020.10.28 06:55 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3075-00c26111