1960年代のボクシング

Posted by Two-Pen on 25.2013 お気に入り 6 comments 0 trackback
 私の中学生時代の話ですが当時ボクシングが大好きでした。日本ではファイティング原田や海老原博幸が人気がありましたが私の好きだったのはヘビー級です。当時フロイド・パターソンという強いチャンピオンがいて当分彼を倒す者は出てこないだろうといわれていました。そこに現れたのが写真のソニー・リストンでした。1962年にタイトルマッチが行われ1ラウンドでKO勝ちしてしまいました。それもパンチ1発で吹っ飛ぶというものすごいパワーでした。彼の経歴は犯罪者で刑務所の中でボクシングを覚えたという変わり種でした。身長は184cmとヘビー級としては小さいのですがリーチが213cmあり、まさにボクシングをする為に生まれてきたような男でした。(後の世にマイク・タイソンという似たようなタイプが出現します)これで暫くはリストンの時代かと思ったら1964年に当時カシアス・クレイといっていた若者にTKOされ王座を失ってしまいました。後のモハメット・アリです。彼は当時の足を止めて打ち合うヘビー級のスタイルを一変させました。そう!蝶のように舞い、蜂のように刺すです。しかしそれからのヘビー級はタイソンが出てくるまで荒々しさが無くなって面白くなくなってしまいました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

いくら無鉄砲な私でも、親父とマイク・タイソンだけは怖かったです(^^;
どうやったら勝てるのか真剣に考えていました(笑)
2013.04.25 09:33 | URL | 幸之助 #iecf7yEo [edit]
幸之助様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

親父様はとにかくマイク・タイソンはどうあがいても倒せない
でしょう。彼は耳も噛みますよ。

リンクの件、承知しました。旭日旗を探してみます。

愛新覚羅
2013.04.25 11:31 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま

まだ 私が若い頃 日本のボクシング界は 
活気があった気がします

オリンピックで メダルを取り プロに転向など、
今は 何となく 寂しいですね、

いつもありがとうございます、  たか
2013.04.25 18:08 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
たかちゃん様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

金メダリストの桜井孝雄のことですね。
彼は期待とおり世界チャンピオンになりました。
しかしボクシングが完璧すぎて面白みがありません
でした。
ファンが求めるのはワクワク、ドキドキ感です。
記録より記憶に残る選手です。

愛新覚羅
2013.04.25 19:41 | URL | aishinkakura #- [edit]
お手間とらせてスミマセンでした(^^;

プロフィール画像に欲しいくらいですが…
これだと「いかにも」になってしまいそうなのでやめときます(笑)


私が考えたタイソンに勝つ方法…
親友のN君をおとりにする(爆)
2013.04.25 23:56 | URL | 幸之助 #iecf7yEo [edit]
幸之助様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

リンクアイコンは思ったより漫画チックになったので安心しています。
もっと右翼っぽくなってしまうかと思っていました。
これで白の海軍服だったらまさにその筋ですね。

愛新覚羅
2013.04.26 08:19 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/317-a87f99be