後遺症との戦い

Posted by Two-Pen on 02.2013 日常 9 comments 0 trackback
amp 2年前に家内が亡くなってから後遺症と戦っています。亡くなった直後は新聞もテレビも見ることが出来ませんでした。1週間位経ってから新聞が読めるようになり1カ月位経ってからテレビもニュース関係だけは観ることが出来るようになりました。今ではお笑いやバラエティーは相変わらず駄目ですが、その他は観られるようになりました。まだ駄目なのが音楽です。あれほど好きだった車の中でのリスニングも聴けなくなってしまいました。家の中でも人が来たとき以外は聴けていません。調べたらこういう後遺症もあるそうです。今この後遺症に打ち勝とうと思っています。最近お邪魔しだしたブロガーさんがミュージック系のアプリを使って楽しそうにエレキギターを演奏していらしてその演奏を動画化してアップされています。彼の力にすがってみようと思っています。ハードロックをバリバリ弾けば悪い思い出を払拭出来るのではないかと思い、今色々とネットで調べています。解らないことは彼に聞きながら進めようと思っていますが肝心のギターの腕の方が長年弾いていないので心配です。口外しないと始められないと思いブログに掲載しました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

毎日 何かをするのが 辛いですね、
時間に追われたり 時間が止まったり・・・

色んな人に 見られて嫌な事も 書いたら
スッキリ!しないかなぁ~~~ なんて、
でもね やっぱり 辛いんですね、

なにかに 打ち込むのも 秘策かもしれません、
無理せず 出来ない時はしない!
何が なんでも やる!のは 良くありません、

程々に 頑張って下さい。 
愛新覚羅さま  たか
2013.05.02 09:47 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
たかちゃん様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ある意味たかちゃん様の体調と共通点を感じております。
直後よりいい、1カ月後よりいい、1年後よりいい。
こうして5年、10年経てばかなり回復するのではと
思っていますが、傷は傷です。一生消えるものでは
ありません。
何かに打ち込んでも忘れられるのはやっている最中だけ
です。やっていないときにかえってむなしく感じます。
時が解決するのを待つしかないようです。

愛新覚羅
2013.05.02 10:04 | URL | aishinkakura #- [edit]
心中お察し申し上げます。

私も仕事を辞めてからギターを始めました。 始めた理由はボケ防止ですが、やはりネットで同じような人が動画を投稿していて、もの凄く励みになりました。 高校時代はコード位しか弾けなかったのですが、 今は色んなソフトや情報があります。 上手に弾けないまでもなんとか楽しむ事が出来ます。 
ちなみに一番効果のあったソフトは ”ハヤえもん ” というフリーのソフトです。 音楽プレーヤーなのですが、 短いフレーズを音程を変えずにスピードを落として聞けるのです。 しかも何度も繰り返して聞けるので、ギターの練習に最適です。 これがなかったら、とっくにギターは挫折していたと思います。 Macでも似たようなプレーヤーがあると思うのでお勧めです。

練習頑張って下さい。 v-266
2013.05.02 10:45 | URL | ゴルッテリア #JyN/eAqk [edit]
ゴルッテリア様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

ここでいっているあるブロガー様とはゴルッテリア様の
ことです。頼りにしていますので今後もご指導下さいます
ようお願い申し上げます。
「ハヤえもん」ですか?検索してみます。
通常Macをメインに使っていますがwindowsも使いますので
問題ありません。このコメントもwindowsからです。
昨日ストラトを引っ張り出してチューニングから始めました
が指が全然ついてきませんでした。しばらくはリハビリです。
オケなんてまだまだ先のようです。(笑)

愛新覚羅
2013.05.02 11:44 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。
奥様が亡くなられてまだ2年。
辛い日々が続いていらっしゃるのですね。
さぞかしステキな奥様だったのでしょう。
これだけ思われたら幸せですね。

バンド参加もいいんじゃないですか~☆彡
アマチュアバンドのライブも楽しいですよ。
2013.05.02 16:43 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
おばちゃん様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

早いのか遅いのか解りませんが6月1日で2年になります。
もう少し早く回復するかと思っていたのですが何をするにも
思い出してしまいます。
楽しいことをしようとは思うのですが楽しいことが終わった
後で悲しさ寂しさが大きくなってかぶさってきます。
現在のところパソコンのバーチャルな世界が唯一居心地良く
感じています。インターネットをやっていて救われたと思って
います。

愛新覚羅
2013.05.02 17:33 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

たかちゃんさんのところでお名前はいつも拝見致しておりました。

僕と同じだったんですね・・・・・・・・

ぼくも未だにお笑いを見ることができません。

今日は時間がないので、また改めて伺います。
2013.05.03 01:06 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
こんにちわ。
奥様は何物にも代えがたい存在だったのですね。
「人はいつか、必ずそのときを迎える」けれど
諦めようと思っても諦めきれないのですね・・・
最近私は、両親がいつでも傍にいてくれているような
そんな気がしてなりません。

少しずつ傷が癒えていく日を待ってます。
2013.05.03 13:44 | URL | アクアマリンちゃん #JyN/eAqk [edit]
アクアマリンちゃん様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

同じ亡くなるのでも自分よりも年上の人と年下の人の場合は違います。
年上の場合は諦めがつきやすいと思います。父親が亡くなったときは
悲しくもなんともありませんでした。配偶者の場合は思い出があり過ぎ
て辛いのです。これが子供が亡くなった場合ですともっと辛いかと想像
できます。

愛新覚羅
2013.05.03 14:03 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/323-d7381e26