日本よりも更に少子化

Posted by Two-Pen on 17.2021 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
kankoku出生率 韓国が「超少子化」に揺れています。昨年、1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を示す合計特殊出生率が0・84を記録しました。1を割り込むのは3年連続で、経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国では韓国だけ。日本の1・36(2019年)よりはるかに低い数字です。

 出生率0・64と都市別で最低なのがソウルです。韓国の人口問題の専門家は、一般的に出生率1以下は戦争や大災害の最中でない限りありえないと指摘しています。0・64のソウルは「戦時」状態といえるようです。

 その少ない子供たちが超学歴社会のなかで親の期待を一身に背負って受験している姿をテレビなので観ますが可哀そうです。そしてその子供たちは一流大学から一流企業に入社した時点で親に対する責任を全うします。それからは努力をしなくてもエリートコースを歩んでいけます。日本の官庁に勤めているエリートたちと同じですね。安心して仕事をしなくなります。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

日本の出生率低下は住居や教育など経済的に子育てが難しいから
という理由が多かったと記憶しています。
韓国は激烈な学歴社会なので教育費など暮らし難さが出生率を引き下げているのでしょうね。
定年退職前まではのんびりと暮らしている(ように見える)
東欧の人たちのような生活にあこがれていました。
2021.05.17 09:30 | URL | お名前 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

日本でも産めよ増やせよという時代がありましたね。
5人以上の兄弟は珍しくありませんでした。
今大家族なのはアフリカの国々くらいのもので
しょうね。
遠い将来には地球から人類がいなくなるかも知れません。

愛新覚羅
2021.05.17 10:51 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3277-d5d35eb6